見た目の変化に悩む女性を応援します

ポカリがしょっぱく感じる、ふだんと味が違うのは体調のせい

運動をするときに飲むことが多いポカリスウェットですが、「いつもと味が違う!」と感じたことはありませんか?

そこで今回の記事では、ポカリを飲んだときにしょっぱく感じたり甘く感じたりする理由を検証していきましょう。

ポカリがしょっぱく感じる⇒体のミネラルが十分足りてる

まず、ポカリがしょっぱいと感じるときは、体のミネラルが十分足りてる状態です。なので、運動していないときや体調不良でないときにポカリを飲むとしょっぱく感じることがあるでしょう。

また、発汗のない平常時に飲むと、糖分のとり過ぎになってしまう場合もありますので、ポカリの飲み過ぎには注意が必要です。

 

ポカリが甘く感じる⇒体がミネラルを欲している

ポカリには糖質が5.7%含まれているので、多少は甘く感じることはあるかもしれませんが、もし過度に甘く感じるときには、体がミネラルや塩分(ナトリウム)を欲している状態だと言えます。

なので、ポカリは運動をして喉が渇いているときに飲むと、すごく甘く感じることがあるでしょう。

汗をかいたり水分が不足して体内の塩分(ナトリウム)が薄くなると、体がナトリウムを補給しようとして、本来酸味のあるクエン酸を甘いと認識することで、たくさんのナトリウムが補給できるようにしています。

ポカリが甘く感じるときは疲れていたり、熱中症予備軍の可能性がありますので、たっぷり飲んで脱水症状から回復してください。

 

ポカリの味が濃く感じる⇒熱中症の心配なし

ポカリの味が濃く感じる場合には、塩分その他身体にとって重要な電解質成分をほしがっていない状態だと考えられるため、熱中症予備軍の心配はありません。

ポカリの味が濃く感じるときには、ぜひ水で薄めて飲んでくださいね。

 

ポカリの味が薄く感じる⇒熱中症予備軍かも

ポカリはスポーツをした後などの発汗後には味が薄く感じることがあります。

発汗すると当然水分が失われていきますが、それと同時に身体にとって重要な電解質と呼ばれる成分も失われてしまいます。なので、ポカリの味が薄く感じたときには、体が塩分その他電解質成分をほしがっているサインになりますので、熱中症予備軍の可能性があるのです。

ポカリを飲んで「味が薄くてゴクゴク飲める!」と感じた場合には体調に注意してください。

 

ポカリが苦いのは体調ではなくマグネシウムのせい

ポカリなどのスポーツドリンクに含まれるミネラル成分のうち、マグネシウムは苦味を感じます。

しかもポカリやアクエリアスなど大抵のスポーツドリンクはグレープフルーツの香りですよね。なので、本物のグレープフルーツを連想して苦味を感じるのも原因のひとつだと言えます。

アクエリアスがしょっぱいと感じるのもポカリと同様

アクエリアスも汗をかいたときに飲むと効果的なスポーツドリンクです。

アクエリアスがポカリと異なる点として、アミノ酸とクエン酸を含んでいます。アミノ酸とクエン酸は運動に必要なエネルギーを補給・生成するために必要な成分なので、アクエリアスはより運動時に最適な配合になっています。

ただ、ポカリと同様にアクエリアスがしょっぱいと感じるのも体のミネラルが十分足りてるサインになりますので、しょっぱいと感じたときには飲み過ぎに注意しましょう。

OS1がしょっぱく感じるのはよくあること

OS1に代表される経口補水液は、普通のスポーツドリンクよりも電解質濃度が高い飲料になります。また、OS1の塩分濃度は0.3%程度で、糖質濃度も低くなっていますので、通常なら「しょっぱい」と感じるはずです。

しかし、脱水気味になってくると、私たちの体液の塩分濃度が高くなっていき、経口補水液の塩分濃度を感じることができなくなります。なので、経口補水液を飲んで「無味」あるいは「甘い」と感じたら、あなたは「かくれ脱水」の可能性があるので経口補水液をたっぷり飲んで脱水症から回復するようにしてください。

ただ、脱水症状が起きていない平常時に摂取すると、電解質過多になる恐れがありますので、くれぐれも日常的には飲まないようにしましょう。

まとめ、ポカリの味が普段と違うのは体調のため

ポカリは濃くてしょっぱいと感じるのが正常で、もし甘いし薄いと感じるときには熱中症の危険性があります。

体調や体内のミネラルが足りているかによって味覚も変化するので、きちんと自身の体内バランスに気をつけて適切に水分補給をするようにしましょう。