見た目の変化に悩む女性を応援します

ガッツギアは太るのか?何歳から飲んでいい?効果や体に悪いかどうかが知りたい

子供に人気のガッツギアですが、ママやパパからすると色々知りたいことがあると思います。

この記事では、ガッツギアは太るのか、何歳から飲んでいいのか、効果、体に悪い?などなど、ガッツギアの実態を紹介します。

ガッツギアは太るのか?

子供の体を考えてガッツギアを飲ませても、太る原因になっては意味がなくなってしまいますよね。
ここでは、ガッツギアの栄養成分を検証しながら、太る原因になり得るのか解説します。

(ガッツギアの栄養成分)

・1袋『250g』あたりの栄養成分
エネルギー:200kcal、たんぱく質:1.5g、脂質:0g、炭水化物:50g、食塩相当量:0.34g、カルシウム:130mg

ガッツギアの栄養成分を見ると、エネルギーがご飯約1杯分に相当しますので、ご飯や他のおやつと一緒に飲む習慣は太る原因になりそうです。

しかし、ガッツギア単体で摂取する分には過剰な飲み物にならないため、1日1個を目安に飲むタイミングを考える習慣がメリットを活かした飲み方でしょう。

(ガッツギアは太る?子供にもよります!)

そもそも論ですが、消費エネルギー以上に摂取エネルギーが上回ると太る原因になりますよね。

毎日沢山運動をしている子供は、運動不足の子供よりエネルギー消費量が高いので、ガッツギア1個で太るか心配しなくても良さそうです。

逆に、運動不足の子供がガッツギアを飲む場合、1日の総摂取カロリーを保護者が管理した上で、適切な範囲にしてあげれば、ガッツギアで太ることは考えにくいでしょう。

ガッツギアは何歳から飲んでいいの?

子供を対象に販売されているガッツギアですが、『何歳から飲んでいいの?』と疑問の方も多いようです。

(みんなは何歳から飲んでいる?)

ガッツギア愛用者の口コミを調査したところ、2歳から中学生くらいの年齢層がメインでした。

・口コミ紹介
2歳児も大好きで、シッカリいただいております(*^_^*)
『一部抜粋引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/203677_10213894/1.1/』

上記のように、2歳児でもガッツギアを飲んでいるようですので、通常食を食べている子供なら問題はないと思います。

(子供の成長に合わせたタイミングも大切!)

ガッツギアやプロテインなどの栄養食品は、何歳から摂取可能といった決まりは特にありません。

一方、子供が成長する上で必要になる栄養成分は色々あるものの、アミノ酸は中でも特に意識したい成分です。

3歳くらいから成長に必要な栄養をバランス良く摂取させている方が多いようですので、ガッツギアも2歳、3歳くらいからスタートしてみてはいかがでしょうか。

・ゼリー飲料は子供に人気!
ガッツギアはゼリー状のため、子供が喜んで飲むケースが多いようです。

さらに、食欲がない時にも簡単に栄養補給できるので、ママにとってもガッツギアは嬉しい存在ですね。

ガッツギアの効果を口コミから調査

ガッツギアを子供に飲ませる際、摂取する効果は何か知りたい人も多いと思います。
そこで、口コミからその効果の実態を調査しました。

(ガッツギアの口コミ)

・口コミ1
朝ご飯を食べない息子へ購入しました。これなら喉を通るらしく毎日食べてます!

・口コミ2
子供がテニスの際に飲んでいます。足が止まらないそうです。

・口コミ3
疲労回復が早いようです。練習後や試合の合間等に飲ませていますが、手で絞って飲めるので飲み過ぎずちょうど良い量を摂取できるようです。

《口コミ引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/203677_10213894/2.1/》

(ガッツギアの口コミを考察してみた!)

ガッツギアの口コミを見ると、朝ご飯を食べない子に食べさせやすいといった声もあります。

これは効果と少し違う気がしますが、子供に必要な栄養を簡単に補給できる観点からすると、成長をサポートする効果は期待できそうです。

・パフォーマンスへの効果も?
疲労回復や足が止まらないなど、個人的な口コミの参考になりますが、パフォーマンスアップに関する効果も期待できるようですね。

あくまでも個人の感想になりますので、ガッツギアを飲んだらパフォーマンスアップ!と言い切れませんが、飲んでそれを実感している子供は口コミ上多い傾向です。

ガッツギアはダイエットに向かない

ガッツギアの栄養成分を見る限り、ダイエットには向かないでしょう。

・ご飯約1杯分のエネルギー!
ガッツギアのエネルギーは、1袋『200kcal』です。
これは、ご飯約1杯分に相当するので、ダイエットにガッツギアを使用する場合、他の食事を考慮する必要がでてきます。

(スポーツには向いているガッツギア)

上記で解説した通り、ダイエットにガッツギアを飲む習慣は向いていませんが、スポーツには向いています。

ガッツギアには、アミノ酸が1500mg配合されているので、体をつくるサポートにピッタリなんですね。

・筋肉量アップはダイエットに繋がる?
ガッツギアを飲むだけではダイエットにならないと思いますが、筋肉量が増えると基礎代謝が高くなるので、運動とガッツギアを合わせる対策は、結果的にダイエットも期待できそうです。

筋肉をつくる上でアミノ酸は必要な成分ですので、筋肉トレーニングをする人は、BCAAやプロテインを摂取している傾向です。

最近は、子供もプロテインを飲んでいるケースが多いようですので、スポーツをしている子供がガッツギアを飲む習慣は大変に良い栄養サポートをしていると言えます。

ガッツギアは体に悪い?

ガッツギアには甘味料が使用されているため、無甘味料商品と比較すると体に良くはないでしょう。

また、量が多いのでウィダーと比較すると物足りなさは感じないものの、味はウィダーの方が美味しいという意見もあります。

(ガッツギアの甘味料とは?)

ガッツギアは、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物等が甘味料として使用されています。

ちなみに、ウィダーはブドウ糖やブドウ果汁、香料などが味の元になっているので、化学的な甘みは感じないでしょう。

・化学甘味料は体に悪い?
アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物などの化学甘味料は、炭酸飲料やお菓子など、近年様々な食品に使用されています。

体への健康被害は、過剰摂取しない限り低リスクと言われていますが、否摂取より摂取の方がそれなりに健康に対するリスクは否定できません。

ただし、ガッツギアを1日1袋摂取して体に悪いとは言えませんので、あくまでも無甘味料商品と比較した場合というお話になります。

まとめ

ガッツギアについて掘り下げて解説しましたが、子供からの人気は非常に高い商品でした。

また、アミノ酸をはじめ各種ビタミン類も配合されているので、子供に栄養をバランス良く摂らせたいママにとって、ガッツギアは強い味方ですね。

ガッツギアは太る?という疑問に対する答えは、1日1袋ならその可能性は低いといったところで、運動量や食事摂取量によっても変わってきます。

>>ガッツギアを楽天でチェック