見た目の変化に悩む女性を応援します

ブリタが体に悪いって本当?その噂の真相とは?

浄水器と浄水システムを世界各国へ提供している「ブリタ」ですが、実は「体に悪い」という噂があります。

今回は、なぜブリタが体に悪いのか?その原因や対策について解説していきたいと思います。

ブリタが体に悪いという噂の原因はカビだった

ブリタが体に悪いという噂の原因は、浄水カートリッジや本体に「カビ」が生えてしまうからです。

浄水器や浄水ポットは、水道水に含まれる「塩素」を除去してくれます。

塩素は、水に雑菌の繁殖を抑制するために加えられているため、塩素が除去されるとうことは水の雑菌の繁殖を抑制する効果がなくなってしまうということです。

その結果、浄水カートリッジや本体にカビが生えてしまうのです。

しかも、浄水カートリッジにカビが発生したら、その時点で利用を止め交換する必要があります。

カビが生えないようにする対策とは?

では、ブリタの浄水器や浄水ポットにカビが生えないようにするのはどのように対策すれば良いのかというと「作った日に飲み切る」「分解して2日に1回は洗浄する」ということです。

作った日に飲みきる

まず、ブリタなどの浄水器や浄水ポットで作ったお水は、その日のうちに飲みきるようにしましょう。

飲みきらなければ、長時間塩素が除去されたお水が溜まった状態になり、カビが発生しやすい環境になってしまいます。

分解して2日に1回は洗浄する

浄水器や浄水ポットに雑菌が繁殖しないように2日に1回、容器やフタを洗浄しましょう。

その際には、取り外しが可能な部分はすべて取り外して洗浄することがポイントです。

まずは、水道水で汚れをキレイに落としてから洗剤で洗い、最後にアルコール除菌するとより効果的です。

もしカビが入ったお水を飲んでしまったら?

もし、カビが入ったお水を飲んでしまった場合、どのような症状が出るのか見ていきましょう。

胃痛や腹痛

まず、胃痛や腹痛が起こる場合があります。

一時的なものでおさまるようであれば問題がないことがほとんどです。

食中毒

胃痛や腹痛が一時的でおさまらず、嘔吐や下痢といった食中毒症状が起こる場合もあります。

嘔吐や下痢などの症状が続くと、脱水症状になってしまう場合もあるので気をつけましょう。

もしも、気がつかずにカビが入った水を飲んでしまった場合は、まず体調の変化がないか様子をみましょう。

また、早く体内から出すために綺麗な水を飲むことがおススメです。

一度に大量のカビが入った水を飲んでしまった場合や体調に異変を感じた場合は、すぐに病院を受診しましょう

さらに、乳幼児・妊婦さんは症状が重くなることも考えられるので、早めに病院を受診しましょう。

ブリタのメリット

カビが生えないようにさえ気をつければブリタの浄水器や浄水ポットには様々なメリットがあります。

「美味しい水を飲むことができる」「飲料水を都度購入する費用を抑えることができる」「飲料水を購入する手間がなくなる」「ペットボトルのゴミ分別をしなくて良い」「安全性も認められている」などです。

ブリタの浄水器や浄水ポットは、塩素臭さを除去しながらもカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは残って摂取することができます。

また、使用用途に合わせて「ポット型」や「ボトル型」「カラフェ型」など幅広いラインナップから選ぶことができます。

まとめ

ブリタが体に悪いという噂の原因は、浄水カートリッジや本体に生えてしまう「カビ」です。

作ったお水はその日のうちに飲みきって、2日に1回は容器やフタを洗浄することでカビが生えることを防ぐことができます。

美味しいお水を美味しく飲む為にも正しく使っていきましょう。