見た目の変化に悩む女性を応援します

チョコラbbハイパーがやばいってどうして?飲むおススメの時間帯は?

疲労の回復や予防・お肌の不調に良いと人気の「チョコラbb ハイパー」。

実は、「チョコラbbハイパーがやばい」という噂があります。

なぜ、「チョコラbbハイパーがやばい」のかその真相に迫ってみたいと思います。

「チョコラbbハイパーがやばい」と言われる理由は、その効果

実は、「チョコラbbハイパーがやばい」と言われる理由はその効果にあります。

「いつも朝起きてもだるくて、疲れが残っている。」

「仕事のエンジンがかかるのはいつも午後。」

という方が、朝にチョコラBBハイパーを飲んで30分くらいすると

「頭の中のもやがすっきり晴れてる。」

「体もなんだか軽い。」

「キーボードがスラスラ打てる。」などいつもよりも頭も体もスッキリと言う効果を実感できるというわけです。

チョコラbbハイパーを飲む場合、食後2時間後がおススメ

チョコラbbハイパーを飲む場合、食後2時間後がおススメです。

チョコラbbハイパーには「ビタミンB群」が含まれています。

ビタミンB群は空腹時に摂取すると胃腸に大きな負担がかかってしまう上、食事で摂取した「脂」がビタミンB群の吸収を阻害してしまうのです。

そのため、食後2時間後の胃腸が落ち着いている時にビタミンB群を含むチョコラbbハイパーを飲むのがおススメなのです。

寝る前に飲んでも良いの?

「しっかり疲れを取りたいため、寝る前にチョコラbbハイパーを飲んでも良いの?」かというと、カフェインが含まれているためおススメできません。

カフェインは、眠気を抑制する効果があるので寝る前に摂取するとしっかり眠れなくなり疲れも取れなくなってしまいます。

どうしてもチョコラbbを飲みたい時にはカフェインが含まれていない「チョコラbbFeチャージ」がおススメです。

栄養ドリンクは飲み過ぎ注意

疲れている時や元気を出したい時にチョコラbbハイパーなどの栄養ドリンクは手軽で良いのですが、常に頼ってしまうと「糖分」と「カフェイン」の摂り過ぎが心配になってきます。

多くの栄養ドリンクには糖分が多量に含まれています。

その糖分の量は平均して約19gで、厚生労働省が推奨している一日の最低必要量100gの約5分の1近くがドリンク1本で摂れてしまうというわけです。

つまり、常に栄養ドリンクを飲んでいるとすぐに糖分の摂り過ぎになってしまうというわけです。

その結果、肥満や糖尿病などのリスクが高くなってしまいます。

また、カフェインは1回あたり200mg以上摂り続けると依存症になりやすくなります。

依存症になると、カフェインを取らないと頭痛や体調不良が起きてしまうようになります

チョコラbbハイパーに含まれているカフェイン水和物は45mgですが、コーヒーや紅茶など他のものからもカフェインを摂取していては摂り過ぎになるので、一度毎日のカフェイン摂取量を見直してみても良いでしょう。

まとめ

「チョコラbbハイパーは、効果が実感できてやばい」と言われています。

しかし、チョコラbbハイパーなどの栄養ドリンクは糖分とカフェインを摂りやすくもあります。

元気を出すための栄養ドリンクで体を悪くしないためにも、栄養ドリンクは常に飲むのではなく、「ここぞ!」という時に飲むように決めておいた方が良いでしょう。