見た目の変化に悩む女性を応援します

スタバのコーヒー豆であれば持ち込みでも挽いてもらうことができちゃいます

コーヒーショップの定番と言えば「スターバックス」。

実は、スタバのコーヒー豆であれば店舗で購入時だけでなく持ち込みでもコーヒー豆を無料で挽いてもらうことができるサービスがあるんです。

詳しく解説していきましょう。

スタバの豆は購入時でも持ち込みでも挽いてもらえるサービスがあって便利

スタバのコーヒー豆は購入時でも持ち込みでも挽いてもらえるサービスがあって便利なんです。

スタバのコーヒー豆はスタバの店舗だけでなく、コストコやコンビニ・スーパー・百貨店でも置いていることがありますよね。

実は、コーヒ豆のままで購入してもスタバの店舗に持ち込めば無料で挽いてもらえるので、自宅にコーヒーミルがない場合でも安心なんです。

コーヒー豆の挽き具合は全部で13段階

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう場合、挽き具合は「超極細挽き」から「粗挽き」まで13段階あります。

超極細挽き(1・2)

1・2の超極細挽きは、トルコ式コーヒーのターキッシュでの抽出に適していますが、多くの人は使わない抽出器具ではないでしょうか。

極細挽き(3・4・5)

3・4・5の極細挽きは、エスプレッソマシンでの抽出に適しています。

エスプレッソマシンを所有している人におススメです。

ただし、直火式のエスプレッソマシンを使われる方は3・4・5の豆では細かすぎてお湯が通りにくいので7くらいがおススメです。

細挽き(6・7)

6・7の細挽きは、ペーパーフィルターでの抽出に適しています。

7番がスタバで最も多くリクエストされている挽き具合で、迷う場合はとりあえず7を選ぶと良いですよ。

自宅でハンドドリップを楽しみたい方におススメです。

中細挽き(8・9)

8・9の中細挽きは、セラミックドリッパーやサイフォンでの抽出に適しています。

コーヒーマニアの方ならご自宅用に挽いてもらうのも良いですね。

中挽き(10)

10の中挽きは、ドリップコーヒーでの抽出に適しています。

万能な挽き具合で人気です。

粗挽き(11・12・13)

11・12・13の粗挽きは、コーヒープレス・パーコレーターでの抽出に適しています。

コーヒーの味わいをダイレクトに感じることができます。

どの挽き方が良いか分からない場合は、スタバの店員さんに尋ねてみましょう。

使用する抽出器具やお好みに合わせてピッタリな挽き具合を見つけてくれますよ。

スタバの店舗でのコーヒー豆の購入方法

スタバの店舗でコーヒー豆を購入する方法は「豆のまま」か「豆を挽く」2通りあります。

豆のまま

コーヒー豆1パックごと購入する場合は、商品をレジに持っていくだけで購入できます。

実は、スタバの店舗でコーヒー豆を購入する場合、100g以上であれば1g単位で注文することができます。

その場合、欲しいコーヒー豆を選んで商品をレジに持っていき、「○○gください。」と伝えればOKです。

豆を少量から買えるのは、店舗で購入する特権なのです。

少量ずつ色々な味を楽しみたい方や自分の好みを探りたい時に良いですね。

豆を挽く

購入したいコーヒー豆の商品を選んでレジまで持って行くと「何番でお挽きしますか?」と聞かれます。

その際にさきほどの13段階の番号を伝えるだけで自分好みにコーヒー豆を挽いてもらうことができます。

まとめ

スタバには、スタバのコーヒー豆であれば持ち込みでも挽いてもらうことができるサービスがあります。

ぜひ、お好みのコーヒ豆を探したい時や挽きたてのコーヒー豆が欲しい時に活用してくださいね。