見た目の変化に悩む女性を応援します

50歳を過ぎても結婚ができない女性の共通点とは?見た目や内面に問題あり?

  • 11月 9, 2022
  • 11月 9, 2022
  • 出会い
  • 14view

「美魔女」や「熟女」という言葉が浸透する中、50代の女性の独身率は20%という時代。

さらに45歳から49歳の女性でも5年以内に結婚できた確率は1.3%と低く、50歳を過ぎて結婚できる可能性は限りなくゼロに近い現実です。

なぜ、50歳を過ぎて結婚できないのか、そんな女性の共通点を探ってみたいと思います。

50歳を過ぎても結婚できない女性の共通点

まず、50代を過ぎても結婚できない女性の共通点を見ていきましょう。

身なりに気をつかっていない

まずは、見た目で「身なりに気をつかっていない」という点です。

これは、「美人ではない」ということではなく、「髪の毛やお肌・爪などのお手入れをきちんとできていない」ということです。

髪の毛やお肌・爪などの身なりに気をつかっている女性は、女性としての品が上がり魅力を感じます。

体型管理やファッションセンスも身なりの一つです。

身なりに気をつかっていない女性は、「だらしなさそう」「自分に甘そう」という印象を与えてしまいます。

その結果、恋愛対象から外れてしまう可能性が高いため、まずは自分の身なりをチェックしてみましょう。

愛想が悪い・他人に厳しい

結婚できない女性の内面的な共通点を見ていきましょう。

・愛想が悪い

・テンションが低い

・ネガティブ思考

・自分に甘い

・他人に厳しい

・プライドが高い

など、笑顔が少なくて愛想が悪かったり、テンションが低い女性は「話しかけにくい」「怒っているの?」という印象がつき、男性から避けられてしまう傾向があります。

また、自分に甘く他人に厳しい女性やプライド高い女性は、「結婚後の穏やかな生活がイメージできない。」と印象付けられ、恋愛対象にならないのです。

生活スタイルを崩したくない

50歳にもなると独身生活が長いため、一人でいることに慣れてしまっています。

そのため、一人で過ごしてきた生活スタイルを崩したくないと考えてしまい、結婚から遠のいてしまっているのです。

周りを見た結果

50歳にもなると、周囲の女友達から旦那の愚痴を聞く機会も多くあったと思います。

その結果、「自分はそうはなりたくない。」「一人の方が楽だし。」「結婚して幸せになれるのかな?」と考えてしまうのです。

結婚はしなくてもやってくる老後に向けてできること

結婚はしなくても良いもののいずれ老後はやってきます。

独身で迎える老後に向けてできることは何でしょうか。

老後資金計画

独身のまま老後を迎える時、直面する問題は「老後資金」です。

基本的に60歳までに用意するべきとされている老後資金は、2,000万円から2,500万円です。

それをもとに「毎月いくらの貯金が必要なのか」「投資型の金融商品は検討するか」など資金計画を立てると良いでしょう。

介護付き老人ホームを希望する独身女性が増加中

最近の独身女性は、終の住処として「介護付き老人ホーム」を希望する女性が増えてきています。

老後を満喫できる介護付き老人ホーム

最近の老人ホームは、一昔の老人ホームと比べると内装や外装もおしゃれで、部屋も充実した設備が整っていることが特徴です。

食事の種類も豊富で一人で寂しく家で食事をするよりも楽しく美味しく食事ができることでしょう。

ただし、それなりの費用もかかるので余裕のある資金計画が必要です。

介護体制がある安心

介護付き老人ホームの最大の魅力は充実した介護体制です。

独身女性は、自分の身に何かあっても頼れる人がいません。

そのため、体調が悪くても買い物や身の回りのことをする必要があります。

その点をカバーできるのが介護付きの老人ホームです。

老後の安心を手に入れるためにも早いうちに老後資金計画を立てることがおススメです。

まとめ

50歳を過ぎても結婚できない女性の共通点は、身なりに気をつかっていない点や愛想が悪いなど様々です。

しかし、生涯独身でも老後の資金計画さえしっかり行っていけば寂しくない老後生活もあります。

おしゃれな場所で、楽しい食事など老人ホームで迎える老後も悪くない時代と言えるでしょう。