見た目の変化に悩む女性を応援します

低収入の男性は結婚相手にされないゴミ扱いなの?答えはNO!

  • 11月 24, 2022
  • 11月 24, 2022
  • 出会い
  • 2view

一般的に年収300万円以下は低年収と言われています。

では、「低収入の男性は結婚できない」などゴミ扱いされるのでしょうか?

結論から言うとそんなことはありません。

節約をした生活や共働きなど、家族で協力することで幸せな結婚生活を送ることができます。

低収入の男はゴミ扱いされる?今はそんな時代ではない

低収入の男性は、自分の収入を気にし過ぎて婚活や結婚を諦めることもありますが、実際はそのようなことはありません。

生活スタイルや女性の考えによっては、低年収の男性でも問題なく結婚をすることができます。

低収入でも節約すれば結婚生活を送ることはできる

結婚後、子どもをもたず夫婦2人だけの生活で、家賃や食費・光熱費などを抑える工夫をすれば、低収入でも結婚生活を送ることは可能です。

それに高収入の男性と結婚したら幸せになれる保障などありません。

高収入の男性と結婚した場合、「仕事が忙し過ぎて家族で過ごす時間が無い」「生活レベルを上げてしまう」「お金だけの考えになってしまう」リスクもあります。

幸せな結婚生活とは生活に関わる全てのバランスが重要

高収入の男性と結婚しても仕事が忙しくて一緒に過ごす時間が無い生活と低収入でも趣味が同じで休みの日は一緒に趣味を満喫する生活の場合、どちらの結婚生活の方が幸せでしょうか。

また、高収入で忙しい男性の場合、子どもが産まれても育児と家事は女性が全てを担う可能性もあります。

幸せな結婚生活とは、男性の収入だけでなく「仕事」「子育て」「家事」「家族の思い出」など生活に関わる全てのバランスが保てることが重要というわけです。

共働きを望む女性も多い

結婚後、仕事を続けて共働きを望む女性も多くいます。

共働きであれば、共に生計を立てることができます。

目安として、世帯年収が500万円から600万円あれば、贅沢な暮らしとまではいかなくても不自由のない生活を送ることができます。

低収入でも結婚生活を上手に送るコツ

ここでは、低収入でも結婚生活を上手に送るコツを解説していきたいと思います。

支出を抑えるスタイルを確立する

低年収のご家庭は、支出をおさえる生活スタイルを確立することをおススメします。

まず、生活に必要な家賃や電気代・ガス代・水道代・日用品費・食費などの項目と金額を記録しましょう。

そして、毎月最低いくら必要なのかを具体的に把握します。

それから家族がストレスにならない生活レベルを把握し、支出を抑えながら生活できるスタイルを確立させていきます。

転職や副業

今の仕事に将来的な展望が見えない場合は転職や副業を考えてみるのも一つです。

仕事をしながら転職エージェントに相談したり、資格を取るのも良いでしょう。

その結果、年収がアップする企業に転職できることもあります。

また、転職をしたくない場合は副業がおススメです。

ネットや書籍・動画などで副業について少し学ぶだけで、月にプラス数万円稼ぐことができます。

将来的に収入を上げる自己投資をする

結婚生活は、目の前のことだけではなく、長期的な視点も必要です。

若いうちにリーダーシップやコミュニケーションなど自分の得意分野を伸ばす勉強をしておくことで、自分の市場価値を上げることも一つです。

若い頃の学びが将来の収入につながることもあります。

行政の補助を活用する

新婚世帯は、行政から「結婚新生活支援事業」の支援を受けることができます。

このような支援を受けることで、経済的な負担を軽減することも結婚生活を上手に送るコツです。

他にも、世帯収入などの条件を満たせば、家賃や引っ越し費用などの補助を受けられる支援もあります。

自治体によって制度が異なるので、まずはお住いの自治体・市町村のサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

低収入の男性はゴミ扱いされるのかというとそんなことはありません。

幸せな結婚生活は、男性の収入だけで決まるのではなく家族で協力することで手に入れることができます。

「自分は年収が低いから。」と婚活も結婚も諦めていた男性は、まず諦めずに前向きに年収を上げる方法や良い相手と出会う方法を探してみてはいかがでしょうか。