見た目の変化に悩む女性を応援します

敷きパッドをダサいと感じる原因と今すぐできる対策とは?

快適な眠りの為に必要な寝具「敷きパッド」ですが、「ダサいな」と感じることがあると思います。

なぜ、「敷きパッドがダサい」と感じるのか、その原因と対策を解説していきたいと思います。

敷きパッドをダサいと感じる原因は3つ

敷きパッドをダサいと感じる原因は「生活感が漂っている」「デザイン」「統一感が無い」の3つが挙げられます。

生活感が漂っている

ベッドの四隅をゴムでとめる敷きパッドを使用していると生活感が漂い、ダサく感じてしまいます。

さらに、ベッドがめくれたりシワになっていると、より生活感が出てしまいダサく感じてしまいます。

デザイン

敷きパッドには、「接触冷感タイプの水色」「接触温感の茶色」など色で機能が示されているものが多く、機能を求めるとデザインが限られてしまいます。

また、手ごろな価格の敷きパッドを探した場合も色合いやデザインが絞られてしまいます。

統一感が無い

敷きパッドをはじめ、布団カバーやベッド本体など寝具に統一感が無く、好きなものばかり集めているとまとまりがなくダサく感じてしまいます。

ダサい敷きパッド対策

次に、ダサい敷きパッドをどうしたら良いのか対策を見ていきましょう。

ベッドメイキングをする

ベッドがめくれている場合は直して、シワをのばすようにベッドメイキングするだけでダサい生活感が軽減されます。

隠す

布団や枕・クッションを使用して敷きパッドを隠す対策はすぐにできてお手軽です。

寝具のテーマを決め、色を統一する

どのような寝室にしたいのかテーマを決めて、テーマに合った色合いを中心にアイテムを選ぶと統一感が出ます。

何色かを取り入れる場合は、3色までに抑えるのがポイントです。

ベッド周りにインテリアスペースをつくる

ベッドボードの上の壁に装飾をしたり、サイドにテーブルを置いて小物を配置することも対策になります。

テーブルは、敷きパッドのゴムを隠すように置くと良いでしょう。

間接照明や観葉植物

間接照明や観葉植物を置くことでオシャレ度がアップします。

さらに、就寝前に明るさを落とした間接照明を使用することで眠りやすくなる効果もあります。

敷きパッドは使った方が良い

敷きパッドは使った方が良い寝具です。

そもそも敷きパッドは、マットレスや敷布団と一緒に使う寝具の一つで無くても眠ることはできますが、クッション性や触感が心地よい眠りを実現してくれます。

暑い夏場は触ると冷たく感じる「接触冷感」、寒い冬場は布団のひんやり感を軽減してくれる「接触温感」といった機能性が備わった敷きパッドもあります。

季節や目的に応じて選ぶことで、良質な睡眠を手に入れられる寝具なので、使った方が良いでしょう。

まとめ

敷きパッドをダサいと感じる原因は「生活感が漂っている」「デザイン」「統一感が無い」の3つが挙げられますが、心地よい眠りには欠かせない寝具です。

ぜひ、ベッドメイキングや色の統一などダサさを軽減しながら良質な睡眠を手に入れましょう。