見た目の変化に悩む女性を応援します

ナイシトールで体調不良に!?黒い便が出たときは?

ナイシトールは脂肪を燃やし、更に余分な脂を便と一緒に出して、肥満症を改善する防風通聖散の漢方薬です。

ナイシトールを飲むことで人によって体調不良になること、黒い便が出たときの対処法についてお伝えします。

ナイシトールで体調不良になる?

ナイシトールに含まれる漢方薬の副作用は、胃腸不良だけでなく、むくみや高血圧といった形でも現れます。低身長や低体重の人ほど起こりやすいといわれ、身体機能の低下した高齢者も同様です。

体調不良にならないためにも飲み方が大事です。飲み方の基本は、食前などの空腹時に飲むのが最も効果的です。

ナイシトールは、肥満症に効果を発揮する防風通聖散エキスを配合しているので、食事の30分前、食間、食後の2時間後に飲むようにしましょう。

ナイシトールで黒い便が出た!どうしたらいいの?

「黒色便」 黒色便とは 字のごとく、「黒色の便」のこと。 性状がコールタールみたいにネットリしていることもあり「タール便」ともいわれます。

通常 便の色は、黄色から茶色になります。

では、なぜ色が黒くなるのでしょうか?そして、黒い便が出た場合はどうしたらいいのでしょうか?

便が黒い原因は、出血・腸内細菌の影響です。

出血の影響で便が黒い

血液中の鉄分が酸化することで便が黒くなります。鉄分がさびたような状態ですね。

柔らかい便は、食べすぎのせいで大腸が水分を消化できなかったことが原因。一方、コロコロした固い便が出るのは、腸内で水分が吸収されすぎたためです。便秘の前兆なので、食物繊維をしっかりとりましょう。

腸内細菌の影響で便が黒い

腸内細菌で言うと、悪玉菌が増えた場合に茶色が濃くなったりして便が黒くなったように見えます。

悪玉菌が多いと腸の中で腐敗してしまい、黒っぽい便になるのです。
硬さも大事です。さすがに触ることはできませんが、見た目で結構わかりますよね。これもバナナくらいの柔らかさで、水分が75%ほど含まれている状態がベストです。

黒い便が出たらどうする?

少々黒っぽい便だと病気と無関係のこともあり、食べ物から来ていることもあります。

本当に気を付けなければならないのは、泥状の便がイカ墨のようにドロッと真っ黒だった場合です。すぐに病院に行き、消化器内科の専門の先生に相談しましょう。

胃カメラを飲んで、胃がんや潰瘍がないかを確認する必要があります。

ナイシトールを飲むと下痢になることも

ナイシトールには下剤の成分も含んでいるので、他の下剤と一緒には服用しないほうがいいです。

ナイシトールの仕組みは?

ナイシトールの仕組みは、ナイシトールに含まれる漢方薬の防風通聖散が「脂肪の分解」と、「脂肪の燃焼」を活性化することで体重を減少させるように働きかけます。

下痢で痩せる?

痩せる薬としてのナイシトールですが、下痢で痩せるわけではありません。体内の余分な脂を便と一緒に出すことで痩せる効果が期待できます。

吸収を抑えるのに市販薬ナイシトール、防風通聖散、コレバインなどありますが、あまり強い効果は期待できません。

ナイシトールの効果はどれくらい?

ナイシトールの効果はどれくらいなのか、人にもよりますが「1週間」ぐらいです。

もちろん個人差はありますが、ナイシトールの効果は便秘には1週間は見ておいた方がいいですね。

ナイシトールを飲み始めて便通がよくなるのが効果が出てきたサインです。

まとめ

今回は、ナイシトールは副作用である体調不良や下痢、黒い便が出たとの対処方法を説明しました。

ナイシトールは飲む量を加減すれば、下痢はしません。快便で良い気持ちです。 ただ、あまり続けすぎると、肝臓に負担がかかりますので注意が必要です。