見た目の変化に悩む女性を応援します

ルピシアが代表とする水出し紅茶には食中毒の危険がある事実

紅茶で有名な「ルピシア」ですが、中には水出しで美味しく飲める紅茶やお茶も数多くあります。

しかし、水出し紅茶は正しい作り方をしなければ食中毒を起こす危険があります。

美味しく水出し紅茶を飲む為にも食中毒にならないポイントなど解説していきたいと思います。

ルピシアにもある水出し紅茶がもつ食中毒の危険とは?

ルピシアが代表とする「紅茶」ですが、その中でも「水出し紅茶」には食中毒の危険があります。

ここでは、水出し紅茶を作る時ポイントを解説していきたいと思います。

清潔な容器を使用する

水出し紅茶を作る際に最も重要なことは、清潔な容器を使用することです。

紅茶を作る容器のふた部分や底部分には茶しぶが溜まりやすいので使用前には清潔にしておきましょう。

また、使用後も清潔にして片付けなければ食中毒の原因になるような菌類が増殖している可能性があります。

ガラス製の容器

水出し紅茶を作る容器は、ガラス製の容器がおススメです。

ガラス製の容器はプラスチック製よりも汚れが染み込みにくいからです。

また、ガラスの中でも耐熱ガラスの容器で作ると熱湯消毒も行うことができます。

浄水器を通した水道水

水道水で水出し紅茶を作る場合、浄水器を通した水道水を使用する方がより食中毒のリスクを下げることができます。

作って24時間以内に飲みきる

水出し紅茶は、作って24時間以内に飲みきることが大切です。

一度作った水出し紅茶を長く放置したり何日もかけて飲んでいると容器の中で菌類が増殖してしまう可能性があります。

また、冷蔵庫から出す時間を短くすることや容器からコップに注ぐ際は、口を付けないようにして、菌類が容器に入らないようにも気をつけましょう。

紅茶を水出しして飲む時は水出し専用の茶葉が安心

水出し紅茶を作る時の注意点として、「水出し専用の茶葉を使用する」ことが挙げられます。

まず、水出し専用ではない紅茶の茶葉は、熱湯で抽出することを前提としています。

もしも、茶葉に菌類が付着していても沸騰したお湯が菌類をほとんど死滅してくれるのです。

なので、水出し専用ではない紅茶を水出ししてしまうと菌類が死滅していない可能性があるということです。

ただし、水出し専用の紅茶の茶葉は、きちんと滅菌処理がされているので水出し紅茶にしても菌が繁殖する可能性や食中毒の心配はほとんどありません。

水出し紅茶に隠された数多くのメリット?!

実は、水出し紅茶は暑い夏に冷たくて美味しいだけでなく、数多くのメリットがあります。

カフェインが少ない

水出し紅茶は、熱湯で淹れる紅茶よりもカフェインが少ない特徴があります。

さらに、カフェインが少ないため紅茶の渋みや苦みも少なくなり飲みやすくなります。

旨み成分がある

水出し紅茶は、水から抽出するためお湯で淹れるよりもゆっくりと時間をかけて抽出されます。

ゆっくりと抽出するおかげでお茶の旨み成分も出てきます。

お茶の旨み成分が加わることでお茶本来の美味しさや甘みを感じられます。

フレーバーをはっきりと感じられる

フレーバーの香りや風味が特徴の紅茶を水出しにすると、沸騰したお湯で淹れるよりもはっきりとフレーバーを感じることができます。

さらに、先ほどのお茶の旨み成分も加わっているため、お茶自体に甘みを感じられて砂糖なしでも美味しく飲める紅茶が多くあります。

リラックス効果がある

紅茶に含まれているアミノ酸の一種「テアニン」には、リラックス効果があります。

お湯で淹れる紅茶よりも水出し紅茶の方が、よりテアニンが抽出されやすいというデータもあります。

まとめ

ルピシアに代表される「紅茶」ですが、実は「水出し紅茶」は食中毒の危険があることが分かりました。

暑い日でも美味しく飲める水出し紅茶は、専用の茶葉を使用し清潔な容器で作ってから24時間以内に飲みきるようにしましょう。