見た目の変化に悩む女性を応援します

マッチングアプリで出会った人を親に嘘なく紹介する方法とは

恋人や結婚したい人を親に紹介したいけれど、マッチングアプリで出会ったことは言いにくいという方、意外に多いんです。

そんな方におススメの親への紹介方法を解説していきたいと思います。

蝎唐ツくわけではないので安心してくださいね。

マッチングアプリで出会った相手を親に嘘をつかずに紹介する方法

では、どのようにマッチングアプリで出会った相手を親に嘘をつかずに紹介すれば良いのかを解説していきたいと思います。

共通の趣味で知り合った

一番、無難な紹介方法は「共通の趣味で知り合った」ということです。

マッチングアプリには、「趣味」や「興味」「好み」などの項目があり、その情報をもとに連絡をとり、交際に発展したのであれば「共通の趣味で知り合った」ことは嘘ではありません。

共通のコミュニティで知り合った

マッチングアプリも一つのコミュニティなので、「共通のコミュニティで知り合った」と言ってもウソにはなりません。

「社会人サークルみたいな感じ」と言えば、納得してくれる親も多いのではないでしょうか。

婚活サイトで知り合った

親世代には「婚活サイト」に抵抗がある人も多いですが、嘘をつかない紹介方法であれば「婚活サイトで知り合った」と言うのも一つです。

この時のポイントは、「マッチングアプリ」ではなく「婚活サイト」という事と「流行りの婚活サイト」や「大手婚活サイト」などと「流行」「大手」と付けることで印象が良くなるということです。

親の心配を軽減させるためにできること4選

もし、恋人や結婚をしたい人とマッチングアプリで出会ったことをストレートに言う場合、親の心配を軽減させるためにできることがあります。

詳しく見ていきましょう。

情報をたくさん伝えて安心してもらう

紹介したい人の情報をたくさん伝えて安心してもらいましょう。

例えば、「氏名」「年齢」「職業」「住所」「資格」「親との関係」「人柄が分かるエピソード」「顔写真」などです。

質問と回答を考えておく

心配性の親は、「紹介したい人がいる」と言われると質問攻めしてくる可能性があります。

その際にきちんと答えられることで親からの信頼度が変わってきます。

例えば、「本当にあなたのことを想ってくれているの?」と質問された場合「付き合ってきた期間」や「交際中のエピソード」など伝えると良いでしょう。

きちんと回答して、親が言い返せなくすることで、「そこまで言うなら」と紹介しやすくなります。

マッチングアプリでの出会いが普通であることを伝える

親世代の人はマッチングアプリと言うだけで「危ない」と思ってしまう場合があります。

そんな時は、

「昔と今は違う」

「マッチングアプリで出会うのは普通の時代」

「〇〇さん(親が信頼する友人)もマッチングアプリしていて付き合ってるよ。(または)結婚したよ。」

などと言うとマッチングアプリへの敷居が低くなります。

マッチングアプリは出会い方の一種

親世代がマッチングアプリを良く思っていないのは、「どんな相手か分からない」「事件や事故に巻き込まれてほしくない」などです。

しかし、マッチングアプリは出会い方の一種で、対人関係で起きる事件や事故はマッチングアプリに限られてはいません。

学校や職場での対人関係で事件や事故が起きる場合もあります。

子どもの幸せを願うのが親であれば、出会い方よりも大切に思える人と出会えることが重要なのではないでしょうか。

まとめ

マッチングアプリで出会った人を親に蝎唐ネく紹介したいのであれば「共通の趣味で知り合った」「共通のコミュニティで知り合った」と言えば、すんなり受け入れてくれる親も多いですよ。

また、どうしても理解してもらえない場合でも相手の情報をしっかり伝えることで信頼してくれるようにもなります。

何よりも大切な人と出会えたことを親にしっかり伝えましょう。