見た目の変化に悩む女性を応援します

花王のリライズに副作用はある?問題点が残る白髪ケア

花王の白髪染め「リライズ」には副作用があるのか調べてみました。

すると、白髪染めにありがちなジアミンは入っていないものの、エタノールアミンという成分が入っていて、これが髪に良くないことが分かりました。

リライズは副作用が気になる白髪染め

花王から発売されている白髪染めのリライズは、髪や頭皮に負担をかけることなく染められるという謳い文句で人気です。

この謳い文句だけ聞くと、カラートリートメントと白髪染めのいいとこ取りのような商品ですが、成分に気になるところが。

リライズには、白髪染めでよく見られる成分「ジアミン」は入ってないんですが、代わりに「エタノールアミン」というアルカリ性の成分が入っています。

エタノールアミンは、アンモニアの代用品としてよく使われるアルカリ剤。

しかし、エタノールアミンを使うとアルカリ剤が髪の毛に残留するので悪い影響しか無いんですよ。

素手でリライズを使って染めたら3週間も指先についた色が落ちなかったと言っている方もいるので、説得力がありますね。

なぜ、ジアミンの代わりにエタノールアミンを使っているのか?

それは、ジアミンだとヘアカラーのようなちょっとツンとした匂いがするからなんです。

ヘアカラーに良くあるツンとした匂い、苦手な方も多いでしょう。

あの匂いを避けるため代わりに入れているし、髪がサラサラになるのもありがたいんですが、髪に悪さをする成分が残るのはイヤですね・・・。

まとめ

花王のリライズには、ジアミンが使われていない代わりに、エタノールアミンが使われています。

ツンとした匂いがしないのが良いところですが、成分が髪に残ることで結果として髪の状態が悪くなってしまいます。

もしあなたが髪に優しい白髪ケア商品を探しているのであれば、マイナチュレを使ってみてはいかがでしょうか。

マイナチュレは、敏感肌の人向けのかゆみやヒリヒリ感を評価するテストも行っている、低刺激なカラートリートメントです。

髪や頭皮への刺激を抑えたいという方はチェックしてみてください。

▼マイナチュレの詳細はこちらです▼