見た目の変化に悩む女性を応援します

どうして田舎は結婚に口うるさいの?その背景には根強い昔ながらの風潮があった

  • 12月 15, 2022
  • 12月 15, 2022
  • 出会い
  • 11view

都会に比べると田舎は結婚に対して口うるさい傾向があります。

そして、都会に比べると田舎は結婚が早い傾向もあります。

そこで今回は、なぜ田舎は結婚にうるさいのか?どうして結婚が早いのかを追求していきたいと思います。

なぜ田舎は結婚にうるさいの?昔ながらの風潮に原因があった!

なぜ田舎は結婚にうるさいのか調べてみると、昔ながらの風潮に原因があることが分かりました。

田舎生まれの田舎育ちで「自分が生きてきた道が正当」だと思っている

結婚を口うるさく言ってくる人は、田舎生まれの田舎育ちの人がほとんどなんです。

つまり、自分が住んでいる地域以外の人や世界を知らないので、「自分が生きてきた道が正当」なのです。

反対に地元を離れたり留学に行ったりと様々な文化や人と触れてきた人は、柔軟な考えや思考ができる傾向にあると思いませんか。

「男が稼いで女が家庭を守る」という風潮

「男が稼いで女が家庭を守る」という昔ながらの風潮は今でも田舎に強く残っています。

そのため、特に田舎に住む若い女性は結婚に口うるさく言われるのです。

昔ながらの考え

田舎に住む年配の人は、結婚ができる年になったら親の紹介などでお見合いをして結婚をするという流れが一般的でした。

それが当たり前だと思っている年配の方は、何の遠慮もなく「結婚はまだか?」「良い人はいないのか?」と口出しをしてくるのです。

なぜ田舎は結婚が早い?その理由5選

「口うるさいのはイヤ」とは言え、実際に田舎は都会に比べると結婚が早い傾向があります。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、24歳以下で結婚した割合が首都圏は5.4%・関西の6.9%でした。

しかし、福島県の場合14.5%・青森県・秋田県・岩手県は14.3%と、田舎と言われる地方の方が結婚は早いという事実があります。

参考サイト:(ゼクシィ結婚トレンド調査2019)

就職してバリバリ働くという意識が低い

都会に比べると就職先が少ない上に女性を正社員で雇用していない田舎は多く、都会に比べると就職してバリバリ働くという意識が低いことが結婚が早い理由の一つに挙げられます。

特に女性は仕事をするより結婚して家庭に入るという選択肢もあります。

遊べる場所が少なく恋人との時間が中心になる

都会に比べると田舎は遊ぶ場所が少なく、遊べる時間も限られていることがほとんどです。

そのため、恋人ができると恋人との時間が中心になり結婚も早くなる傾向があるというわけです。

お金が貯まりやすい

田舎は、遊ぶ場所や時間が限られている為、お金が貯まりやすく結婚の意識が高まりやすい背景があります。

また、結婚するまでは親と実家に暮らしている人が多いため、出費が少ないこともお金が貯まる理由です。

周囲に勧められる

口うるさいのはイヤとは言え、親や親戚に結婚話をされるのが田舎の定め。

周囲の紹介や協力などを経て結婚をするパターンもあります。

周りに影響される

田舎に住んでいる同姓代が結婚をし始めると「自分も考えないと!」と考えるようになりやすい傾向があります。

まとめ

事実、田舎は結婚に口うるさい傾向があります。

その原因は、昔ながらの風潮が根強く残っていることが分かりました。

そして、口うるさいのはイヤと言っても実際に結婚が早いのも田舎の特徴です。

田舎に住んでいる方で「自分の人生は自分で決める!」と思う方は、一度実家を離れてみるのも一つなのではないでしょうか。