見た目の変化に悩む女性を応援します

一人っ子との結婚を親が反対するのはなぜ?そんな親の気持ちを変える方法があります!

親が子供の結婚を反対する理由の一つに「相手が一人っ子」という場合があります。

これは、相手の人柄ではなく家系・家庭的な問題なので、反対を押し切るのは少しハードルが高い事実があります。

今回は、なぜ一人っ子との結婚に反対するのか?親の気持ちを変える方法をご紹介していきたいと思います。

一人っ子との結婚を親が反対する理由とは?

なぜ、一人っ子との結婚に親は反対するのか?

その理由を見ていきましょう。

同居させられる

まず、一つ目は相手の家庭に同居させられる可能性が高いからです。

もし、ご実家が自営業で跡継ぎが欲しい場合、結婚を機に仕事を辞めたり引っ越をしたりする必要も出てきます。

その点は、結婚前に親とよく意見をすり合わせる方が良いでしょう。

介護させられる

同居させられたり、相手の実家の近くに住むことになった場合、将来的に親の介護をさせられる場合があります。

そうなると仕事の都合や子どもの都合など様々な課題も生まれてきます。

一人っ子と結婚すると「同居」や「介護」が必ず求められるかは決まっていませんが、将来的にその可能性があることを覚えておきましょう。

人によっては、「同居」や「介護」が結婚の条件になる場合もあります。

苗字問題

一人っ子の場合、相手の苗字を名乗るとそこで苗字の代が途絶えてしまいます。

特に一人っ子が女性の場合、親が反対をしてトラブルになるケースがあります。

反対されてもあきらめない!親の気持ちを変える方法

親に反対されたから素直に結婚を諦めてはいけません。

ここでは、親の気持ちを変える方法を解説していきたいと思います。

親と何度も会う

相手の親と何度も会う機会を設けましょう。

何度も会って話すことで信頼度が高まり、家系ではなく人柄を受けいれてくれるようになっていきます。

親に手紙を書く

親に会えない場合や上手く気持ちを伝えられない時は、手紙を書くことをおススメします。

メールやLINEとは違って、気持ちが伝わりやすいのが手紙です。

自分の素直な気持ちを手紙に綴ることで気持ちを受け止めてくれるようになるでしょう。

2人で将来の話をする

自分だけで会いに行くのではなく、時には一人っ子側の子供も一緒に親を説得すると良いですよ。

親の不安や心配を受け入れて、自分たちの将来の計画をしっかり話すことで「そこまできちんと考えているんだ。」と理解してくれるようになります。

誰かを味方につける

2人で話をしても進展が無ければ、間に誰か入ってもらって味方になってもらうことも一つです。

例えば、兄弟姉妹や親戚などです。

味方をつけることで、親も口出ししにくくなり、受け入れてくれる場合があります。

また、味方の方から親の攻略法や効果的なアドバイスをもらえる場合もあります。

まとめ

一人っ子との結婚を親が反対する理由は、「同居」や「介護」など将来的に我が子が苦労するのではないかと心配しているのです。

そんな親心には、きちんと何度も向き合って話をするのが一番の解決法です。

ぜひ、時間がかかっても2人の気持ちを素直に伝えてOKをもらってくださいね。