見た目の変化に悩む女性を応援します

ダージリンもアールグレイもミルクに合うの?その違いは?

「紅茶」と一言で言ってもその種類は様々あります。

そこで今回は、紅茶の中でも良く耳にする「ダージリン」と「アールグレイ」について解説していきたいと思います。

ミルクに合うのか?違いは何か?など解説していきたいと思います。

ダージリンもアールグレイもミルクに合う紅茶

「ダージリン」「アールグレイ」共にミルクに合う紅茶ですが、ダージリンは収穫時期によって紅茶の味わいが変わり、アールグレイは柑橘系の香りがミルクに負けてしまうことがあります。

ダージリンのオータムナルはミルクとの相性が◎

ダージリンには「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」と呼ばれる3回の収穫時期があります。

収穫時期によって紅茶の味わいが異なり、爽やかな味わいとキリッとした渋みが特徴の「ファーストフラッシュ」と「セカンドフラッシュ」は、紅茶の味わいをそのまま感じられるストレートやアイスティーがおススメなのです。

一方、コクや渋みが強くなる「オータムナル」は、たっぷりのミルクを入れても紅茶の味がかき消されないため、ミルクティーにしても美味しく飲むことができます。

アールグレイは基本的にはストレートがおススメ

アールグレイは柑橘系の香りを楽しむために作られている紅茶なので、基本的にはストレートで飲む飲み方がおススメです。

とは言え、柑橘系の香りが強く付けられているアールグレイにミルクを入れても美味しく飲むことはできます。

アールグレイの香りを堪能したい場合は「ホット」、爽やかに楽しみたい場合は「アイス」にするとスッキリ飲むことができるのでおススメです。

ダージリンとアールグレイの違い

実は、ダージリンとアールグレイは全く異なる紅茶の名前で、「ダージリンは茶葉の名前」ですが、「アールグレイは茶葉に香りをつけたフレーバーティーの名前」です。

ダージリンとは、インドの「ダージリン地方」にて栽培された茶葉を使用して作られた紅茶の総称を言います。

そしてアールグレイとは、紅茶の葉に「柑橘系の香りを付けた」フレーバーティーです。

どちらも同じ「紅茶」というカテゴリーに含まれますが、紅茶の味わいをダイレクトに感じることのできるダージリンと柑橘系の香りを楽しむことができるアールグレイという違いがあります。

特にダージリンは、「紅茶のシャンパン」とも表現されるほどに香りが高く、中国のキーモン・スリランカのウバと並んで「世界三大銘茶」とまで言われています。

ミルクティーと合うおススメの茶葉

数ある紅茶の中でも美味しいミルクティーを作るためには、ミルクの味わいに負けないコク深くてパンチのきいた茶葉がおススメです。

アッサム

インドのアッサム地方で生産される「アッサム紅茶」は、数ある紅茶の中で最もコクが強くしっかりとした味わいを感じられる紅茶です。

ミルクを入れても紅茶の風味が弱まることなく、美味しいミルクティーを作ることができるおススメの茶葉です。

ルフナ

濃厚なコクと重厚感が特徴的な「ルフナ」。

ルフナはストレートで飲むとパンチの効いた味わいですが、ミルクを加えるとマイルドな味わいなります。

ルフナは、スリランカ産の茶葉で、黒蜜のような甘い香りが特徴です。

ミルクティーの甘みを重視する場合、アッサムよりもルフナがおススメです。

ウバ

ルフナと同じく、ウバもスリランカ産の茶葉です。

ウバはメントールのような爽やかな風味が特徴的で、他の紅茶では感じられない独特の風味があります。

独特な風味のため好みが分かれますが、ミルクティーで飲むとマイルドで飲みやすくなると人気を集めています。

キーモン

スモーキーな味わいをもつ中国の茶葉「キーモン」。

渋みはあまりなく、まろやかなコクが特徴なので、ミルクとの相性も良いですよ。

まとめ

紅茶のダージリンもアールグレイもミルクに合う紅茶ですが、ダージリンは収穫時期によって紅茶の味わいが変わり、アールグレイは柑橘系の香りがミルクに負けてしまうことがあります。

ぜひ、上質なティータイムを過ごせるようにお好みのミルクティー選びの参考にしてみてくださいね。