見た目の変化に悩む女性を応援します

生ゴミの臭い消しは重曹とクエン酸どっちが効果的なの?

生ゴミの臭い消しには重曹とクエン酸どちらも使うのが良いとされています。

生ゴミ乾燥機なら臭い対策もバッチリですよ♪

生ゴミの臭い消しは重曹、クエン酸どっちがいいの?

生ゴミの臭い消しには、重曹とクエン酸のW使いがおすすめです!

生ゴミの腐敗臭の中和にはクエン酸が効果的だと言われているため、水気を切った生ゴミに直接クエン酸を振りかけ、新聞紙で包んでからゴミ袋に入れてください。

重曹には油や臭いを吸収する効果があるため、ゴミ箱の底に撒いておきましょう。

汁漏れした時も安心ですよ。

クエン酸を水と混ぜ合わせて生ゴミにスプレーしてみては?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、これはおすすめできないので注意です。
生ゴミはできるだけ乾燥させたほうが良いため、水分を与えることは避けましょう。

生ゴミが臭わない捨て方は水分を切ること

生ゴミが臭わないために一番大切なのは、水分を切ることです。

生ゴミの臭いの原因は雑菌と言われており、雑菌は湿度と気温が高いと活動が活発になります。
雑菌の活動を抑えるため、できる限り水分を切り乾かしましょう。

新聞紙が便利

水分を切るためには新聞紙が便利ですよ♪

野菜や果物な皮剥きは広げた新聞紙の上で行い、そのまま包んで捨てるのがおすすめです。

レジ袋やビニール袋をごみ入れに使う場合も新聞紙を底に敷いておくといいですね。
三角コーナーは水がかかるため、あまりおすすめできません。

冷凍してしまうのもアリ

最終手段として、生ゴミを袋に入れて冷凍してしまうのも手です。

冷凍してしまえば雑菌の活動も抑えられます。
ゴミ出しの直前に冷凍庫から出しましょう。

生ゴミを乾燥させる方法もアリ

生ゴミ処理機loofenを使えば生ゴミを乾燥させることができます。

活性炭フィルターが臭いを効率的にシャットアウトしてくれるため、臭い対策にクエン酸や重曹を準備する必要もありません。

ゴミ箱感覚でポンポン放り込めるので、新聞紙やビニール袋で包む手間もないですよ♪
乾燥させることで77%も量が減るので、重いゴミ出しの苦労からも解放されます。

電気代もご安心ください!生ゴミの量によって電力を調節するため、無駄な電力を抑え1日使っても約20円。家計にもやさしいのも嬉しいポイントです。

まとめ

生ゴミの臭い消しには、重曹とクエン酸のW使いがおすすめだということがわかりました。

腐敗臭に中和にはクエン酸、汁漏れ対策にゴミ箱には重曹を使ってみてください。

また、生ゴミが臭わないために一番大切なのは、水分を切ることです。
生ゴミの臭いの原因は雑菌と言われており、雑菌は湿度と気温が高いと活動が活発になります。

雑菌の活動を抑えるため、できる限り水分を切り乾かしましょう。

生ゴミを乾かすのに便利なLoofenは、クエン酸や重曹を用意する必要がなく、活性炭フィルターで臭い対策もしっかりされています。ゴミ箱感覚でポンポン放り込むことができますよ♪

Loofenで生ゴミストレスから解放されましょう!