見た目の変化に悩む女性を応援します

シャンプーのツバキはやばい?評価は両極端でした!

資生堂から発売されているシャンプーのツバキはやばいという噂を耳にします。なぜやばいのか?その理由を解説しています。

ツバキシャンプーがやばいと言われる理由

・ラウレス硫酸Naという洗浄力が強い成分が入っている
・ノンシリコンシャンプーではない
・洗ったあとの手触りはいいけど、補修効果は弱い

ひとつずつ説明していきますね。

ラウレス硫酸Naという洗浄力が強い成分が入っている

ラウレス硫酸Naは市販の大衆シャンプーに配合されている洗浄力の強い成分です。

洗浄力が強いのでワックスなどの汚れはしっかりと落としてくれますが毎日使っていると残留成分により頭皮が乾燥してしまう人もいます。

敏感肌の方や乾燥肌の方には不向きなシャンプー(成分)になります。

ノンシリコンシャンプーではない

洗浄力が強いと洗った後にきしんでしまうので、ツバキシャンプーにはシリコンが入っています。

シリコンは入っていること自体は世間で言うほど悪いことではないのですが、髪や頭皮に蓄積していくことでパサつき・べたつきなどの髪の質感が低下していきます。

洗ったあとの手触りはいいけど、補修効果は弱い

ツバキシャンプーには保湿成分としてツバキ種子油やスクワランが配合されています。このツバキ種子油などの保湿成分のおかげで洗った後の手触りの良さにつながっています。

洗った後の手触りがいい=コンディショニング効果は高いのですが、

髪が補修されているわけではありません。

つまり、髪の栄養を補うことはせずコーティングのみということです。

シャンプー「ツバキ」の口コミ

シャンプーのツバキを使うのは良くないという口コミをよく見かけます。

また、「ツバキのシャンプーを使うのはヤバい!」と聞いたこともあります。

このように、あらゆる口コミサイトで「駄目シャンプー」の烙印を押されている資生堂のツバキです。

やばいかどうかはさておき、ヘアケアに適したシャンプーかという観点で見ると、

髪がパサパサになるしカラーの色落ちもするし頭皮の必要な油分まで取ってしまうので使わない方がいい

と言っている美容師さんもいるくらいなので、評価は両極端なんでしょうね。

ツバキの匂いは低評価

ツバキシャンプーの匂いは、いつものシャンプータイムが、まるで美容室にいるかのように感じられる、高級感や上品さのある華やかなフローラルフルーティーの香り。

しかし、その匂いがあまり高評価ではありませんでした。

匂いが昔より弱い気がして、なんだかなあ〜。 鼻が悪くなった??
買ったけど匂いがダメだから使えない~

などなど、匂いがダメと言う声も少なからずあるようです。

ダメージケアなら、ボタニストがおすすめ

シャンプーでダメージケアの対策をするなら、低刺激な洗浄成分から選ぶほうがいいです。

低刺激な洗浄成分のラウロイルメチルアラニンNaを配合したシャンプーがボタニストになります。

ボタニストなら含まれる洗浄成分も低刺激でシャンプーもトリートメントもきしまないし、べたつきません。

また、保湿成分のゲットウ葉エキスを配合しているのでダメージ補修でツヤ髪へ導いてくれます。

枝毛・切れ毛など傷んだ髪で悩んでる人にはぜひ使ってほしいシャンプーです。

>>ボタニストを楽天でチェック