見た目の変化に悩む女性を応援します

メシウマ嫁・メシマズ嫁の特徴について徹底的に解説します!

この記事では、メシウマ嫁とメシマズ嫁、それぞれの特徴について解説します。

メシマズ嫁の作る驚きのメニューもご紹介するので、ぜひチェックしてください。

メシウマ嫁の特徴とは?

メシウマ嫁の特徴は、食材をうまく活用することです。冷蔵庫が食材でいっぱいという家庭も多いと思いますが、メシウマ嫁のいる家庭では食材を使い切ることが多いようです。

買いだめをあまりせず、基本的にはその日や翌日に使う分の食材だけを買って、無駄を出しません。食材は必要なものだけに絞って買い、すぐに調理するので、必然的にいつも新鮮な食材を使えます。

メシウマ嫁は自宅にある食材を頭におきつつ、上手に食材を追加して、料理を作れます。

また、どうしても使いきれない分は冷凍保存して、早めに消費するなど、臨機応変に料理ができる人が多いのも特徴です。
食材を上手に使うのがポイントのようですね。

メシマズ嫁の特徴とは?

メシマズ嫁の特徴は、母親がメシマズ、料理がマズいという自覚がない、一度に大量に作るということです。

自分の母親がメシマズだと、子どもの頃からマズい料理を食べて育っているので、自分の作った料理がマズくても食べられるのです。
そのため、自分の料理がマズいという自覚のない人が多いのも特徴です。
本人はマズくないと思っていても、普通の料理を食べて生活してきた旦那さんにとっては、どれもマズくて食べられないという場合もあるので、困ってしまいますね。

さらに、メシマズ嫁には一度にひとつの料理を大量に作る人が多いです。

調理の手間が減るという理由のようですが、量が多くなる分、調味料も多く必要になり、味付けの誤差が生じやすくなります。
結果として、メシマズになる可能性が高くなってしまうのです。

マズい料理が大量にできてしまっても困るのですが、本人にはマズいという自覚がなく、家族が食事を残すのを良しとしません。
美味しくないのであまり食が進まない上、大量に作られているのでなかなか消費されず、日にちが経って料理が腐ってしまう場合も多いです。

メシウマ嫁が羨ましい・幸せ

メシウマ嫁が羨ましい、メシウマ嫁がいる家庭は幸せと思われやすいです。

働いている奥さんでも、メシウマ嫁は短時間でささっと美味しい料理を作れます。

インスタントやレトルト食品、冷凍食品は使わないことが多く、手作りの美味しい料理を手早く作ってくれます。

もちろん前日に下ごしらえをしていたり、事前に作って冷凍保存していたりと、工夫されている場合も多いのですが、周囲の人からはそこまでは分かりません。

そのため、陰の努力は知らずに、メシウマ嫁は簡単に美味しい料理を作ってくれて羨ましいと思われます。

また、メシウマ嫁には家事全般の能力の高い人が多いので、掃除などのほかの家事も効率的にこなせて、家の環境が整っていることが多いです。
これも、メシウマ嫁のいる家庭が羨ましい、幸せだと言われる理由です。

メシマズ嫁のメニュー

メシマズ嫁のメニューには、クリームレバーシチューやヘルシーステーキなど、食材の組み合わせや調理方法のおかしいメニューが多いです。

例えば、クリームシチューに鶏肉の代わりに豚のレバーを入れたクリームレバーシチュー。
時短のためにレバーは下茹でや血抜きをしないため、レバーらしい匂いが強いそうです。

また、脂や臭みを取るために、ステーキ肉を茹でてから焼くヘルシーステーキ。しっかりと茹ででしまうので、せっかくのお肉が硬くパサパサになってしまいます。

どれも斬新なメニューですね。しかし、メシマズ嫁は美味しい料理に使われる食材の組み合わせや正しい調理方法を知らないので、違和感なくおかしなレシピで調理してしまいます。

メシウマ嫁のまとめ

メシウマ嫁は食材の組み合わせ方や使い方が上手く、無駄なく新鮮な食材で料理を作ってくれます。
食材をダメにしてしまうことが少ないので、家計的にも嬉しいですね。

美味しい手料理をパパっと作れるので、メシウマ嫁のいる家庭は周囲の人から羨ましいと思われている場合も多いです。

結婚するなら、メシマズ嫁よりもメシウマ嫁を選びたいですね。そのためには、お相手のお母さんの料理の腕前もチェックしておくと良いでしょう。