見た目の変化に悩む女性を応援します

業務スーパーのオートミールは「無農薬」の記載がないけど残留農薬は問題ナシ!

  • 12月 7, 2021
  • 12月 7, 2021
  • 健康食
  • 40view
  • 0件

安い商品がたくさんあり、主婦の味方として愛される業務スーパーですが、取り扱っているオートミールに「無農薬」の記載がないのが気になります。

そこで今回の記事では業務スーパーのオートミールの安全性について検証します。

業務スーパーのオートミール(カナダ産)の農薬について

業務スーパーのオートミールの袋を確認してみると、商品開発事前チェック・現地工場チェック・品質安全検査・商品検証と4つの重点的な取り組みが行われていることが書かれています。

ですので、業務スーパーで扱うオートミールの品質・安全検査が十分に行われていることは分かります。

しかし、肝心の発がん性、無農薬にまつわる安全性についての記載がないという点が気になりますね。

残留農薬は気にする必要なし

商品パッケージに農薬に関する記載が無かったとしても、気にする必要はありません。

日本で流通している食品は、自治体や国が残留農薬等の検査を行い、仮に農薬が残留する食品を長期間にわたり摂取した場合や、農薬が高濃度に残留する食品を短期間に大量に摂取した場合であっても、人の健康を損なうおそれがないということを確認しています。

引用元:厚生労働省、農薬の残留基準について

オートミールの発がん性は大丈夫?

発がん性の物質で問題となった事例はありません。

海外のオートミールは輸入する際には、農薬・発がん性物質を含めた規定の検疫をパスする必要があります。

ですので、業務スーパーのオートミールも当然この検疫をパスした商品だと思われます。

・除草剤が問題

それでも業務スーパーのオートミールの発がん性について懸念の声があるのは、オートミールでも使用される「ラウンドアップ」という除草剤が原因でガンになったというニュースが影響しているからです。

この除草剤「ラウンドアップ」は小麦・水田作物・大豆・穀物類などの広く使われています。

しかし、発がん性が問題となり、この除草剤の有効成分であるグリホサートの使用について一部の国では禁止となっているのです。

ですが、マウスによる試験などいくつもの調査結果を踏まえると、除草剤に使われているグリホサートに発がん性は認められないと判断されています。

以上のことから、業務スーパーのオートミールは適量を適切に摂取する分には、安全性に問題はないという見解になります。

気になる人はオーガニックを選んでみる

それでも気になるという方は、多少値段は高くなりますが、オーガニックや遺伝子組み換え無しのオートミールを選ぶことをおすすめします。

日食の「オーガニックピュアオートミール」は農薬や化学肥料を一切使っていませんし、食品添加物も含まれていません。

また、北海道の有機JAS認定オートミール製造工場で加工していますので、どなたでも安心してお召し上がりいただけます。

>>オーガニックピュアオートミールをみてみる

まとめ

業務スーパーのオートミールには発がん性や農薬に関する記載はありませんが、全ての商品は国や自治体が適切な検査を行った上で販売されているため、毎日適量を口にする分には問題はないと考えられます。

しかし、100%安全とは言いきれませんので、どうしても気になる方はオーガニックのオートミールをチョイスすることをおすすめします。