見た目の変化に悩む女性を応援します

玄米がまずい!3つの対策を紹介します!圧力鍋を使ってみて

  • 9月 17, 2021
  • 10月 1, 2021
  • 健康食
  • 6view
  • 0件

健康志向の女性に人気の玄米。でも、ぼそぼそとした食感が苦手という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、玄米がまずいときの原因と3つの対策を紹介していきます。

玄米がまずい、臭いが気になる原因は?

玄米がまずいと感じる原因の1つとして、「臭いが気になる」というのが挙げられます。

まず、玄米を炊飯器で炊くときには、塩をひとつまみ入れているでしょうか?塩を入れることによって、玄米の甘味がアップしますよ。塩の代わりに、塩麹を使ってもOKです!

また、1合につきオリーブオイルを小さじ1杯入れると、ご飯につやが出て、味に深みが出ます。

あとは、もしかしたら洗米が足りないのかもしれません。白米を炊くときよりも少し多めにお米を研いでみると、臭いが取れる場合があるでしょう。

最後に、玄米を炊くときに乾燥ひじきやシーチキンなどを一緒に入れて炊いてしまえば、簡単な炊き込みご飯が作れますし、玄米の臭いは完全に気にならなくなります。

まずい時の対策、おいしくする方法3つ

次に、臭い以外の原因でまずいと感じる場合に、玄米をおいしく変身させる方法を3つご紹介しましょう。

黒米を入れてみる

1つ目に、「黒米を入れてみる」と、玄米に香ばしい香りがプラスされるので、美味しくいただけるでしょう。普通の炊飯器で炊いても、玄米だけよりもちもち感を感じられ、かなりおいしく炊けますよ。さらに、美味しいだけでなく、黒米の黒色はポリフェノールで、抗酸化物質などの栄養価がアップしますので、おすすめです。

小豆を入れてみる

2つ目に、「小豆を入れてみる」と玄米の旨味がアップし、食べやすくなります。また、小豆を入れた玄米は、寝かせ玄米や酵素玄米とも言われ、長い期間の保存にも重宝しますよ。

圧力鍋を使ってみる

3つ目に、「圧力鍋を使ってみる」ということをおすすめします。圧力鍋を使えば、普通の炊飯器で炊くよりも、もっちもちでぷちぷちに炊きあがりますよ。また、玄米専用の圧力鍋というものも販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか。

一晩水に漬けておかなくても圧力鍋を使うとおいしく炊ける

炊飯器で玄米を炊く場合には、前の日の晩から水に漬けておく必要がありますが、圧力鍋を使えばお米を洗ってすぐに炊けちゃいます。

それに、炊飯器よりも圧力鍋を使った方が玄米を美味しく炊くことができるので、健康のためにこれから毎日の食生活に玄米を取り入れていきたいと考えている方は、ぜひ圧力鍋を検討してみることをおすすめします。

圧力鍋で玄米をおいしくするならサブスクもオススメ

圧力鍋を使って玄米を美味しく食べたい!と思っているのであれば、サブスクを利用する手もあります。

お米のくりやでは、ごはんソムリエが選んだ高圧炊飯器を月々4,980円(24ヶ月契約)で借りることができます。もちろん送料無料です!

さらに、お米のプロが厳選した玄米12袋もついてくるため、届いたその日からすぐに美味しい玄米を食べることができます。

また、高圧炊飯器があれば、「玄米は食感が固い」「炊き上がるまでに時間がかかる」というお悩みを解消し、栄養たっぷりの酵素玄米をボタン1つで簡単に作れます。

美味しい玄米を使って、玄米カレーや玄米ちらし寿司などの食べ方もおすすめです。ぜひお試しください!

>>高圧炊飯器を試してみる

まとめ

玄米の臭いは塩をひとつまみ入れたり、炊き込みご飯のように他の食材と一緒に炊くことで解消することが可能です。

また、小豆や黒米を混ぜて圧力鍋で炊いてみると、さらに美味しくなるでしょう。圧力鍋には玄米専用というものもあり、サブスクを利用するのもおすすめです。

玄米は健康に良いだけでなく、精米していないので白米よりも安い値段で購入することができます。一石二鳥の玄米をこの機会に取り入れてみてはいかがでしょうか?

>>玄米専用の圧力鍋をみてみる