見た目の変化に悩む女性を応援します

オールブランは健康に悪いという説はデマ!食べ過ぎると太るけど・・

この記事では、オールブランを食べると健康に悪い、太る、おならが出るといった噂が本当かどうかを解説します。
便秘解消の効果についても紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてください。

オールブランは健康に悪い?

朝食に人気のオールブランには健康に悪いという噂もありますが、実際には健康に悪い訳ではありません。
調べてみましたが、オールブランが健康に悪いという科学的な根拠は見つかりませんでした。

味が美味しくてつい食べすぎてしまうという人もいますが、1食分40gという規定量を守っていればOKです。

ただし、オールブランには糖質が含まれているので、糖質制限をしたい時には向いていません。
オールブランのブランリッチに含まれる糖質は1食分40gあたり19.9gです。

これに対して、健康に良いと言われるオートミールの場合、100gあたりの糖質は59.7g、1食分を30gとすると糖質は17.9gです。
オートミールよりは、オールブランの方が少しだけ糖質が多いですね。

また、ご飯と比べてみると、ご飯の糖質は100gあたり38.1gで100gあたりの糖質量はご飯の方が少ないです。

ただしご飯の場合、一般的なお茶碗1杯で約150gの量になり、糖質は約57.2gとなります。1食分で考えるとオールブランの方が糖質はだいぶ少ないです。

糖質が含まれてはいますが、ご飯よりもかなり少ないので、糖質の摂りすぎを心配する必要はなさそうです。

食べ過ぎると太る

オールブランは健康に問題がある食べ物ではありませんが、食べ過ぎてしまうと太ってしまう可能性があります。

オールブランを食べる適量は、1日に40gまでとされています。この規定内の量を食べるなら、食べ過ぎということはないので、オールブランが原因で太る心配はないでしょう。

ただ、1日40g以上を食べてしまうと、他の食べ物と同じように食べ過ぎで太る可能性があります。

また、オールブランの原料であるブランには、発酵性食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内の善玉菌が増えて便秘解消につながります。

しかし、一度にオールブランを食べ過ぎてしまうとおなかが緩くなる恐れもあるので、注意が必要です。

食べても効果が出ない人は水分が足りない

便通の改善に効果的とされるオールブランですが、食べても便秘解消の効果が出ない場合、水分摂取が足りない可能性があります。

オールブランに含まれる食物繊維は、お腹の中で水分を吸収して膨らみ、スムーズに腸内を通過しやすくなります。
しかし、吸収する水分が無ければ、便秘解消の効果は下がってしまいます。

そのため、オールブランを食べても効果を感じられない人は、意識的に水分を多めに摂取するのがおすすめです。
水分を十分に摂ることで食物繊維が膨らみ、便秘が解消されやすくなります。

おならが気になるなら、オールブランの量を減らしてみる

オールブランを食べておならがたくさん出るのが気になるなら、食べる量を減らしてみましょう。

オールブランには食物繊維が豊富に含まれていて、これが体内で分解される時にガスが発生します。
そのため、オールブランを食べたら、おならが出る回数が増えたと感じる人もいます。

もしおならが増えすぎて気になるという場合には、オールブランを食べる量を少なくすれば、食物繊維の量も減るので、おならの回数が減ります。

また、食物繊維を摂る量が急増した場合にもおならが増えることがあるそうです。
オールブランを食べ始めたばかりで、まだ体が慣れていないようなら、少しずつ量を増やすという方法もありますね。

まとめ

オールブランが健康に悪いという根拠はなく、太るとしたら食べ過ぎてしまった場合なので、規定量を守れば安心して食べられますね。

おならが出やすくなるのは事実のようですが、オールブランの量を調整すれば問題はなさそうです。
食物繊維がたっぷり含まれていて、便秘解消に効果的なので、上手く取り入れたいですね。