見た目の変化に悩む女性を応援します

パンの耳は太る可能性あり!ダイエットには向かない理由を紹介!

パンが好きで、朝ごはんはもちろんパン派!という方も多いのではないでしょうか?

ただ、パンはカロリーが気になりますよね。

そこで今回の記事では、パンの耳に焦点を当てて、太るのか太らないのかを検証していきます。

パンの耳は太る?太らない?

結論から言うと、パンの耳も小麦粉からできているため、食べ過ぎてしまえば太ります。

ですので、ダイエット向きな食品とは言えないでしょう。

カロリーは内側の白い生地の部分と同じ

パンの耳のカロリーは、実は内側の白い生地の部分と同じだと言われています。

市販されている6毎日切りの食パン1枚のカロリーは160kcal〜170kcalですので、食パンの耳のカロリーは80kcal〜85kcalとなります。

噛む回数が多くなるので食欲を抑えられる

ただし、カロリーは内側の白い生地の部分と同じでも、パンの耳は固いため、食べるときには噛む回数が多くなります。

そうすると、脳の働きを活性化させ、神経ヒスタミンの分泌量が増加します。
それによって、交感神経や満腹中枢が刺激されるので、食欲を抑制する効果が期待できます。

また、よく噛むことで少量でも満足感を得やすいでしょう。

パンの耳が太ると言われる理由

パンの耳が太ると言われる理由としては、もし食パン・パンの耳・ご飯を同量食べた場合、パンの耳が1番高カロリーで太りやすいからです。

・糖質が多い

パンの耳は凝縮されているため、白い部分よりも水分が少なく、糖質量が多くなっています。
食べ過ぎてしまうと、余分な糖質は脂肪として蓄えられてしまいますので、ダイエット中の方は注意が必要です。

・カロリーが高い

パンの耳100gのカロリーは約360kcalにもなります。
ご飯茶碗1杯が大体100gで170kcalになりますので、なんとご飯の倍ものカロリーがあるのです。

ですので、ダイエット中で炭水化物を摂る際にはパンよりもご飯をおすすめします。

・GI値が高い

同じ糖質を含む食品でも、GI値が高いほど脂肪として蓄積されやすくなります。

全粒粉パンやライ麦パンであればGI値は低いですが、普通の小麦粉を使用したパンの耳は残念ながらGI値が高い食品ですので、ダイエットには不向きです。

パンの耳で作るラスクはバターや油の量を減らす

パンの耳をカリカリに揚げて作るラスクはオヤツにピッタリで美味しいですよね!

しかし、普通に食パンの耳を1斤分でバターを80gとグラニュー糖を40g使用して作ってしまうと、その総カロリーは1100kcalを超える高カロリー食品になってしまいます。

ですので、パンの耳でラスクを作る際にはバターや油の量を減らし、揚げずにフライパンでこんがり焼くのがおすすめです。

瘦せにくいときは自分に合った方法を試してみて

ただ、糖質制限をするダイエットは、あなたに合わない方法かもしれません。

自分の体質に合わないダイエットはうまくいかないことがあるのです。

そこで今回紹介する「遺伝子博士」で遺伝子検査をすることで、今まで分からなかったあなたの肥満の根本的原因がわかります。

全33タイプの詳細な検査結果をもとに、あなたをダイエット成功の近道に導きます!

→今すぐ遺伝子検査をやってみる

まとめ

パンの耳は白い部分と同様に小麦粉が原材料として使われているため、ダイエットには向きません。

もしダイエットが上手くいかないと悩んでいるようであれば、1度遺伝子検査キットで自分の遺伝的体質を調べてみることをおすすめします。

その方が闇雲に頑張るよりも効率よく、なりたい理想の自分へと近づくことができますよ!