見た目の変化に悩む女性を応援します

レシピを見ても料理を作れないのはヤバい?料理上手はレシピを見て作る?

レシピを見ても、途中で作り方が分からなくなったり料理に失敗してしまったりすると、自分に自信がなくなりますね。

でも、安心してください。料理は数をこなせば自分なりの料理が作れるようになるものです。

本記事では、レシピを見ても料理が作れないと自信を無くしている方のために、どうやったら料理がちゃんと作れるようになるのかご紹介いたします。

レシピを見ても料理を作れない人がいる?

レシピを見ても料理を作ることができない人は実際にいます。

私の友達もレシピを見ても作れないのですが、そういう友達に話を聞いたり実際に作っている所を見たりしていると、共通している所があるのでご紹介すると・・・

・料理の専門用語が分からない
・作る加減が分からない

この2つが共通しています。

・料理の専門用語が分からない

例えば、「湯通しする」という用語がありますね。これは、軽く調理する食材に熱湯を通して戻すことを言いますが、材料によって湯通しのやり方は変わります。

熱湯をかけて魚の臭みを取ることもあれば、お湯に軽くつけるだけでOKな時もあります。

しかし、そもそもの専門用語を知らないと、湯通しは「お湯に漬けておけばいいのか」と少し違った解釈になることがあります。

すると、本当は熱湯をかけなければいけないのにお湯に入れ、魚の臭みを取ることができず、レシピ通りの料理にならないことがあります。

・作る加減が分からない

何をどこまで作ればいいのか分からないという方もいます。

例えば、「今までの材料に溶かしたチョコレートを入れて混ぜる」とあったとしましょう。

すると、料理をしていない人だと「チョコレートってどのくらい混ぜたらいいの!?」ってなるのです。

そして、適当にグルグル混ぜていても全く材料が一つに混ざってくれない・・・

もっと力を入れて沢山混ぜれば出来上がるのに、混ぜる加減が分からない人だと分離した状態で失敗だと思い込み、結果的にお菓子作りが失敗してしまうこともあります。

料理上手はレシピを見て作る?

しかし、料理上手な人もレシピを見て作ることはあります。

なんでも最初の内は真似して覚えて、自分なりのアレンジが加わっていきますからね。

大体料理上手な人はレシピを見ても作れますし、見なくても作れるものです。だから、今レシピを見ても作れないと自信を無くすことはありません。

ちゃんと用語を覚えたり、何度も作って調理する加減を覚えていけば誰でも作れるようになるものです。

まとめ

料理をレシピがあっても作れない人は実際にいます。

しかし、レシピがあっても作れない人は料理の用語を覚えたり、何度も料理を経験して作る加減を覚えていけば料理が作れるようになるものです。

実際、レシピを動画にアップしているプロの方でも、最初はレシピを見て何度も失敗しながら作っていたという方は多いので、ぜひ調理に興味を持って何度もチャレンジしてみてくださいね!