見た目の変化に悩む女性を応援します

ミロが体に悪い原因と対処方法を教えます

この記事ではミロのメリットとデメリットや、体に悪いと言われる原因、その対処方法を解説します。
ミロ以外におすすめの成長サプリもご紹介するので、ぜひチェックしてください。

ミロは体に悪いの?デメリットもあり

ミロ

ミロのデメリットは炭水化物と脂質が多い

ミロのデメリットは、炭水化物と脂質が多く含まれていることです。

ミロ1杯分にあたる15g当たりに含まれる炭水化物は10.7g、脂質は1.6gです。

牛乳に混ぜて飲むことを考えると、ミロ15g+牛乳150ml当たりでは、炭水化物は18.1g、脂質は7.5gです。
他の成長飲料と比べて、炭水化物と脂質がかなり多く含まれています。栄養が摂れたとしても、太りやすいのは困りますね。

また、ミロはとても甘い味なので、その分砂糖が含まれています。栄養が豊富でも、砂糖が多い点が健康に良くないという情報もあるようです。

日本では1973年から販売されているミロですが、基本的な成分は昔から変わっていません。
そのため、最新の研究をもとに開発された近ごろの成長飲料に比べると、どうしても効果が低くなってしまいます。

ミロのメリットはお金がかからない

ミロのメリットは、比較的お金をかけずに続けられることです。

成長飲料というと、値段が高いイメージがありますね。私が以前購入を検討した別の成長飲料も、150gほどのパックで1,000円以上はしていました。

それに対して、ミロは240g入りの1袋が通常価格で378円(税込)と安いので、費用を抑えられます。
毎日飲んで長く続けるためにも、とにかく安く済ませたいならミロが向いています。

炭水化物と脂質が気になるなら他の成長サプリを使ってみて

ミロの炭水化物と脂質の多さが気になるなら、プラステンアップなどの他の成長サプリを使ってみましょう。

ミロは糖質をはじめ、炭水化物が多めなので、お子さんの成長期に合わせて不足しがちな栄養を補うなら、炭水化物が多過ぎず、お子さんの年齢層に特化した成長サプリを飲む方が健康にも良く、効果的です。

中高生の成長に合わせたプラステンアップがおすすめ

プラステンアップは、1日分の8g当たりの熱量は23.4kcal、脂質はなんと0gと含まれていません。

ミロと比べてみると、ミロ1杯分の熱量は60kcal、脂質は1.6gなので、プラステンアップの方が健康的です。
さらに、プラステンアップを牛乳や豆乳と混ぜても、1杯当たりは約86kcalに抑えられるので、低カロリーでしっかり栄養を補給できます。

また、お子さんに継続して飲んでもらうには、味も重要なポイントです。プラステンアップはすっきりとしたシトラス味で、水で作っても美味しいのが特徴です。

中高生のお子さんへのアンケートでは、86%の人がプラステンアップを「美味しい」と言っています。
ほとんどのお子さんの味の好みに合うので、続けやすいのも良いところですね。

お子さんの成長期をサポートしたい人や、ミロ以外の商品を探している人にはぜひ使ってみてほしい成長サプリです。

まとめ

ミロは懐かしい味で人気がありますが、甘くて美味しい分、炭水化物や脂質が多く、太る原因にもなってしまいますね。
低カロリーで必要な栄養をしっかり補えるプラステンアップなら、太る心配なく続けることができそうです。

プラステンアップは中高生に必要な栄養に合わせて作られているので、特に成長期のお子さんにおすすめします。

>>プラステンアップを試してみる