見た目の変化に悩む女性を応援します

きな粉は食べ過ぎると太るけど、ダイエット中こそ食べるといい!

ダイエットレシピを検索すると、必ずといっていいほど登場するきな粉。きな粉は高たんぱく・低糖質なのでダイエット中にも取り入れたい食材の1つです。

しかし、どのくらい食べれば太らないのかを知ることは難しいですよね。そこで本記事では、きな粉のカロリーやダイエットレシピをご紹介いたします。

きな粉は太る?ダイエット向き?

「畑の肉」とも言われるきな粉は、ダイエット向きの食べ物です。

なぜなら、タンパク質はしっかり含まれているのに糖質が少なく、食物繊維が豊富に含まれているからです。

そもそも、私達はダイエット中でもタンパク質を摂取していないと筋肉量が減少してしまうので、タンパク質はどんな時でも摂取する必要があります。

つまり、ダイエット中は高たんぱく・低糖質の食材を選ぶことが大切なのです。

そして、きな粉はダイエットに必要不可欠な「高たんぱく」「低糖質」をクリアしているので、ダイエット向きの食材となります。

カロリー・糖質の量は?

きな粉大匙1杯のカロリーと糖質を見てみましょう。

きな粉は36キロカロリー、0.8gの糖質があります。かなり糖質が少なく、ヘルシーだと分かりますね。

ただし、きな粉のカロリーや糖質は納豆や豆乳に比べると高いです。

でも、きな粉は納豆や豆乳のように一度に沢山お腹の中に入れることはないため、問題のないカロリーだと言えます。

きな粉を食べる量は?

きな粉を食べる時には、1日大匙3杯(20~30g)を目安にして食べてください。

「もっと摂取できると思った」なんて意外に感じた方もいるかもしれませんが、きな粉に含まれるイソフラボンや脂質の摂取はある程度制限した方が良いのです。

イソフラボンは毎日70~75mgまでなら安全と日本の食品安全委員会が定めており、脂質も1日50gが目安です。

この量を1日を通して超えないようにするためには、きな粉は大匙3杯程度にしておくことが必要なのです。

ダイエットレシピを紹介します

きな粉で美味しくダイエットするためのレシピを2つご紹介いたします。

でも、きな粉を使ったレシピってあまり思い浮かびませんよね。

そんな時は、おやつをきな粉レシピにするだけで、健康的でヘルシーなおやつにすることが出来るのでオススメです♪

また、きな粉は3食の食事から摂取するよりも、おやつとして取り入れた方がカロリーもオフしやすいですよ。

スキムミルクで きな粉牛乳

ダイエットドリンクの代表的な飲み物と言えば、きな粉牛乳。

その名の通り、きな粉牛乳はきな粉と牛乳を一緒に摂取する飲み物です。

しかし、牛乳をスキムミルクにするだけでカロリーを40%程度落とすことができます。
スッキリした味わいで飲みやすいですよ。

作り方はとっても簡単
スキムミルクときな粉を入れて、少量のお湯でダマにならないようにかき混ぜたら、残りのお湯を豆乳して飲みやすくするだけです。

オリゴ糖を混ぜる、きな粉ねじり

きな粉ねじりは昔からあるおやつですね。通常のきな粉ねじりは水飴や砂糖を使って作ります。

しかし、水飴や砂糖の代わりにオリゴ糖を使用し、少量の砂糖を加えることでカロリーを30%ほどカットすることができます。

作り方を説明すると・・・
オリゴ糖に塩をひとつまみ入れます。

次にきな粉を入れてひと固まりになるまで硬さを調整しましょう。

そして、きな粉のうち粉を敷いて手のひらサイズに伸ばし、30分程度冷蔵庫で休ませます。

最後に好みの形にねじったら、きな粉ねじりの完成です。

ダイエットがうまくいかないときは遺伝子検査を試してみて

食事制限ダイエットだけでは、ダイエットが上手くいかないともどかしく感じている時には、自分に合ったダイエット法が見つかっていないのかもしれません。

もっと効率的にダイエットをしたいと思うなら、自分だけのダイエット法を探すために遺伝子博士で検査してもらってはいかがでしょうか?

遺伝子博士を取り寄せて検査キットを提出すると、遺伝子レベルで肥満の原因を調べてもらえるため、自分に一番合ったダイエット法がすぐに見つかりますよ。

費用も5000円程度で済むので、気軽に試すことができます。気になった方はチェックしてみてくださいね。

→遺伝子検査をチェックしてみる

まとめ

きな粉は高タンパク質・低カロリーの食材です。そのため、ダイエット中の方でも積極的に取り入れたい食材の1つです。

しかし、きな粉の食べ過ぎはよくありません。きな粉にはイソフラボンと脂質が含まれているため、1日の摂取量は大匙3杯くらいにしておきましょう。

でも、きな粉を使ったレシピってあまり思い浮かびませんよね・・

そこでオススメするのが、おやつとしてきな粉を取り入れる方法です。

きな粉牛乳をスキムミルクで作ってみたり、オリゴ糖を使ったねじりきな粉にするだけで、簡単にカロリーオフすることが出来ますよ!

また、ダイエット効果に満足できない方は、遺伝子博士でダイエット法を徹底的に調べてみるのも良いでしょう。

→今すぐ遺伝子検査をやってみる