見た目の変化に悩む女性を応援します

彼女の料理が微妙だったときの反応と対処方法は?

彼女が作った料理が美味しくなかったとき、彼氏は一般的にどのような反応をするのでしょうか?

今回の記事では、彼女の料理が微妙だったときの反応とその対処方法を紹介します。

彼女の料理が微妙だった

焼いただけで味付けが全くされていない料理や、クッキーなどの焼き菓子で固すぎる食感のものは単純に美味しくないですよね。

さらに、肉じゃがなどの煮込み料理で具材が全て溶けてしまっている場合や、盛り付けが雑で見た目が悪い場合には、いくら味がそこそこでも微妙だと感じてしまいます。

・彼氏の反応→ひどい感想を言わない

アンケートによると、約9割の男性は彼女の手料理が微妙でも、ひどい感想を言わないということがわかっています。

中には「美味しくなくても全部食べてくれた」「独特の味付けだから、今後が期待できる」とポジティブな感想を述べてくれる男性も少なくありません。

ただし、もし「醤油や塩(調味料)ある?」や「お腹いっぱいで食べられない」といった一言を言われた場合には、間接的に彼氏があなたの料理が微妙だということをアピールしている可能性があります。

対処方法は2つ

・レシピ通りに作る

対処方法として、まずは「レシピ通りに作る」ということがあげられます。

頻繁に料理をしている主婦の方であれば目分量で醤油や塩を入れてしまう場合が多いですが、彼氏のためにたまにしか料理をしない方であれば、レシピサイトを見て、しっかり計量をしながら作ることをおすすめします。

・失敗しやすい料理を作らない

2つ目に、「失敗しやすい料理を作らない」ということがあげられます。
例えば、パスタは麺を絶妙な固さに茹でるのが難しいですし、チャーハンは自宅で作るとベチャベチャとした食感になりがちです。さらに、クッキーやケーキなどの洋菓子も用意すべき材料が多く、厳密に計量をしなければ微妙な仕上がりになる可能性があります。

ですので、はじめて料理をするときには、カレーやオムライスなど、用意すべき材料が少なくて、計量が不要なメニューをチョイスすることをおすすめします。

彼女の料理でがっかりするパターン

まず1番多いパターンは、「シンプルに料理が美味しくないとき」です。
特に、肉や魚の中が半生だったり、ほぼ生野菜の食感の煮物などはガッカリされてしまいます。

また、彼氏の嫌いな食べ物が使われていた場合にもガッカリされてしまいますので、あらかじめ好き嫌いは聞いておいた方が賢明です。

2つ目に、「得意メニューと言っていたのに、美味しくない」場合です。
料理を作る前に彼氏に「得意」と言ってしまうと、それだけ味のハードルが上がってしまいますので、注意が必要でしょう。

まとめ

多くの男性は、女性の手料理が微妙でも、ひどい言葉を言ったりはしない人が多いです。
ただし、調味料を追加でかけていたり、「お腹いっぱい」と言って食事を残すようなことがあれば、それは「微妙だ」というサインかもしれません。

彼氏から「微妙」だと思われることを回避するためには、用意する材料が少なく、計量する必要がない料理を作ると良いでしょう。