見た目の変化に悩む女性を応援します

カモミールティーがまずい原因と簡単においしくする方法!

この記事では、カモミールティーがまずい原因について解説します。

また簡単においしくする方法や、おすすめのブレンドについても解説していますので、ぜひ参考にしてください!

カモミールティーがまずい原因

カモミールティーがまずい原因のひとつは、使っているカモミールの古さにあります。

カモミールは時間が経つと、薬臭いような味になってしまいます。新しいカモミールは薬の味はせず、りんごやパイナップル、もしくは花のような香りがします。

このカモミール独特の甘い香りが苦手、というのもカモミールティーがまずいと感じる原因のひとつ。これは個人差があるので仕方がありませんね。

初めて飲むとまずいと感じる

ハーブティーに飲みなれている人より、初めて飲む人の方がまずいと感じることも多いです。

カモミールティーは味そのものは淡泊で、コーヒーや緑茶などに含まれるタンニンが入っているため、少し苦みや渋みもあります。

苦みや渋みが嫌いな人も、カモミールティーはまずいと思うことが多いでしょう。

カモミールティーは味が薄いので、どうしても苦みや渋み、甘い香りが際立ってしまいます。味の薄さと古い茶葉を使うことが、カモミールティーはまずいと感じる大きな原因です。

誤った保存方法はカモミールティーをまずくする

カモミールティーがまずい、という原因のひとつがカモミールの古さにあります。そこでハーブティーの正しい保存方法について解説します。

誤った方法は、ビニール袋に入れたり、臭いの強い食材と一緒に保管したり、日光のあたる場所での保管。また冷蔵庫に入れるのもNGです。

・容器

袋やタッパーなどより、ガラス瓶の方が密閉度が高く、匂い移りも軽減できます。蓋が金属でできているガラス瓶の容器がおススメです。

・保管場所

風通しの良い冷暗所で保管しましょう。その際臭いの強いものと一緒に保管すると、臭いが茶葉に移ってしまう可能性があるのでおススメしません。日光の当たる場所も、熱や紫外線などは茶葉に良くないので避けましょう。

また冷蔵庫は出したときに結露ができ、茶葉が湿気ってしまいます。それに庫内の臭いが移ってしまうのでお勧めしません。

カモミールティーを美味しく飲むには、このように保存方法に気を付け、保存期間も瓶なら1年から2年を目安にしてください。

保存状態が良いほど長期間保存できます。

簡単においしくする方法を紹介

カモミールティーは、眠りを誘うハーブティーとして知られています。またリラックス効果、冷え性の改善のほか美肌効果なども♪

カモミールティーを飲みたいと思っても、まずくて飲めない・・・そんなあなたのために、カモミールティーを簡単に美味しくする方法をご紹介します!

最も簡単な方法はちょっとしたアレンジ♪はちみつやレモン汁、ショウガの擦りおろしなどを入れてみると、想像以上に美味しくなります。

またまずいと思わないためには、オーガニックのものを選ぶという方法もあります。かなり味が違いますので、ぜひオーガニックを飲んでみてください♪

おすすめのブレンド

カモミールティーは、こんなブレンドもおススメです。

・冷やして果汁や果物のジュースとブレンド

・牛乳ならホットでも冷やしてもOK

・お好きな紅茶やハーブとブレンドでカモミールの風味を抑える

カモミールティーのリラックス効果を活用するなら、寝る前や疲れてると感じたときがおススメ♪

ただ紅茶などカフェインが含まれているものは、寝る前はブレンドしない方が良いでしょう。

カモミールティーの苦みや渋みを消すなら、ローズヒップなどの酸味のあるハーブをおススメします。また、低温のお湯を使い、短めに淹れることでも和らぎます。

ペパーミントのような、清涼感のあるハーブもカモミールティーを飲みやすくしてくれます。あなたに合ったブレンドを探してみてください♪

まとめ

カモミールティーがまずいと感じる原因は、茶葉が古くて薬臭くなっていたり、カモミールの甘い香りや苦み、渋みにあります。

新鮮に保つには、密閉できる瓶の容器に入れ冷暗所で保管しましょう。冷蔵庫は湿気や匂い移りがあるのでおススメしません。

カモミールティーそのものの味は淡泊なので、はちみつやレモン、しょうが汁などをプラスするだけで、格段に美味しくなります。

また紅茶や牛乳、ハーブティーや冷やしてジュースとブレンドしても美味しく飲めます。

リラックス効果の高いカモミールティー。眠れないときや、疲れたときにご活用ください♪