見た目の変化に悩む女性を応援します

冷凍ブルーベリーは体に悪いはウソ!ただし食べ過ぎると太るので注意は必要

コンビニやスーパーなどでよく見かける冷凍ブルーベリー。そのまま食べても良いですし、ヨーグルトとの相性も抜群ですよね。

そこで今回の記事では、冷凍ブルーベリーのカロリーや糖質量を調べた上で、体に悪いのかどうかを検証します。

冷凍ブルーベリーは体に悪い?

結論からいうと、冷凍ブルーベリーは体に良いです。

ブルーベリーにはビタミンCやアントシアニンといった体に良い成分が含まれていますが、それを冷凍することでこの成分がギュッと凝縮され、成分量が増えます。

よって、効率的にブルーベリーの有効成分を摂取することができるという利点があるのです。

ただし、食べ過ぎてしまうと冷えてお腹を壊す恐れがありますので注意してください。

食べ過ぎると太るよりお腹を冷やす

上記でも少し触れましたが、冷凍ブルーベリーは太ることよりもお腹を冷やしてしまうことの方が心配です。

お腹が冷えてしまうと腸の動きが鈍くなり、消化不良を起こしやすくなります。

また、ブルーベリーに含まれる不溶性食物繊維も適量であれば便通を良くする効果がありますが、大量に摂取してしまうと逆に便が固くなり、便秘に繋がる可能性がありますので、注意が必要です。

カロリーや糖質は?

ブルーベリーのカロリーは1粒で1kcal、100gあたり49kcalです。
また、糖質も0.2gとかなり低いです。

ですので、1日30〜40粒ほど食べても問題はないでしょう。

冷凍ブルーベリーの効果は?

冷凍ブルーベリーは、「便秘の解消」に効果的です。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいますので、バランスよく腸内環境を整えてくれるでしょう。

また、「内臓脂肪を減らす」効果も期待できます。
血液中の脂肪を減らしたり、血糖値の上昇を抑えてくれますので、体重の増加が気になるという方は取り入れてみると良いでしょう。

さらに、「美肌効果」もあります。
ブルーベリーに含まれるアントシアニン、ビタミンC、ビタミンEが強力な抗酸化作用とコラーゲン強化作用によってみずみずしく、健康な肌に導いてくれるでしょう。

冷凍ブルーベリーの美味しい食べ方は?

冷凍ブルーベリーの美味しい食べ方は、もちろんそのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトに混ぜたり、アイスやクリームチーズなどとも相性が良いです。

あとは、スムージーやジャムなどに使うと1度に無理なくたくさんの量を摂取することができるでしょう。

セブンイレブンの冷凍ブルーベリーがおすすめ

冷凍ブルーベリーはセブンイレブンで売っているものがおすすめです。

甘さが強いので、そのまま食べてもおいしいですし、濃厚な食べ物と合わせても負けないほどに味がしっかりしています。

まとめ

冷凍ブルーベリーには、さまざまな栄養成分が含まれているため、体に良いと言えます。

ただし、食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまい、消化不良を起こす恐れがありますので注意が必要です。

とは言え、ブルーベリーはカロリーも糖質も低いため、1日に30〜40粒程度であれば問題はありません。