見た目の変化に悩む女性を応援します

コーヒーの賞味期限が3年も切れていた場合は飲まない方が良い?

棚にしまっていたコーヒーを見つけたら賞味期限切れなんてことはありませんか?

しかも賞味期限から3年も経過していた場合は、飲んで大丈夫なのでしょうか。

そこで、今回は賞味期限切れのコーヒーは飲めるのか?飲まない活用法などを解説していきたいと思います。

コーヒーの賞味期限が3年も切れていた場合は飲まない方がベスト

コーヒーの賞味期限が3年も切れていた場合は飲まない方がベストです。

実は、インスタントコーヒーは未開封の場合腐ることはありません。

その理由は、インスタントコーヒーは製造過程で水分を飛ばして、カラカラの乾燥状態で保存されているからです。

そもそも食品が腐るというのは、水分・湿気があるところに細菌がやってきて、繁殖した状態のことを言います。

つまり、インスタントコーヒーは未開封の場合、密閉されているので水気や湿気は無く外から細菌が入ることもできないので腐らないのです。

なので、賞味期限切れ場合未開封であれば飲めないことはありません。

しかし、それは1年から2年以内のものを言います。

3年も経過したものは飲まない方がベストと言えます。

さらに、開封済のコーヒーは放っておくと香りや味が落ちるのはもちろん、虫が入り込んだりカビが生えていたり、酸化してまずくなる可能性があります。

開封済のコーヒーは賞味期限に関わらず、開封から2ヶ月以内に消費するのがおススメです。

AGFの公式サイト

コーヒー製品を取り扱う食品メーカーのAGFの公式サイトを見てみましょう。

Q:賞味期限切れのコーヒーは飲めますか?

A:インスタントコーヒーやレギュラーコーヒーは、賞味期限が切れますと、徐々に風味が低下していきます。

飲用しても体に害があるものではございませんが、おいしくお飲みいただく為には、賞味期限内にお飲み下さい。

リキッド類(液体製品)は賞味期限が切れた場合は、飲用はお勧めできません。

参考URL:http://www.agf.co.jp/customer/faq/

→やはり、賞味期限が切れていても飲めないことはないようですが、美味しく飲むのは賞味期限内が良いということです。

賞味期限切れのコーヒーを飲もうか迷う時はこれをチェックして

賞味期限切れのコーヒーを飲もうか迷う時は、以下のことをチェックしてみてください。

コーヒーの状態

賞味期限切れのコーヒーは、まず左右にふってみてサラサラ動けば水気・湿気はなく飲むことはできます。

左右にふっても揺れずにかたまりになっている場合は飲まない方が安心でしょう。

白いかたまり

賞味期限切れのコーヒーの場合、白いかたまりのようなものが見えることがあります。

一瞬「カビかな?」と不安になるかもしれませんが、この白いかたまりは「カフェインの結晶」や「コーヒー豆表面の薄皮」などが考えられます。

飲んでも体に害はありません。

賞味期限が切れたコーヒーの飲まない活用法

賞味期限が切れたコーヒーの飲まない活用法としては「消臭剤」がおススメです。

コーヒーには、消臭効果があります。

また、コーヒーの香りが残っていれば下駄箱やトイレの嫌な匂いを消臭しながらコーヒーの香りを楽しむことができます。

まとめ

コーヒーの賞味期限が3年も切れていた場合は飲まない方がベストということが分かりました。

未開封の場合は、賞味期限が切れてから1年から2年以内のものであれば飲めないことはありませんが、味や風味は落ちている可能性があります。

また、開封済のコーヒーは賞味期限に関わらず、2ヶ月以内に消費する方が良いでしょう。

コーヒーの豊潤な香りや味を楽しむ為にも賞味期限を参考に早めに飲み切るように心がけてくださいね。