見た目の変化に悩む女性を応援します

コーヒーを飲むと後味で口の中が気持ち悪くなる!?対処方法は?

コーヒーを飲んでいるときは美味しいけれど、後味で口の中が気持ち悪くなると感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、コーヒーを飲むと後味で口の中が気持ち悪くなるその対処方法を紹介します。

コーヒーを飲むと後味で口の中が気持ち悪くなる

ネット上の掲示板には、「コーヒーを飲むと後味で口の中が気持ち悪くなる」という声があがっています。

ただ、「缶コーヒーや市販のペットボトルなら感じるが、コーヒー店で焙煎から間もない豆を挽いて、ハンドドリップで淹れたコーヒーなら不快感を感じない」と回答していた方も多かったため、コーヒーは好きだけど気持ち悪くなってしまう方はお店で飲むようにすると良いでしょう。 

そもそも後味が悪くなってしまう原因としては、コーヒーの苦味成分には大きな粒子と小さな粒子があり、大きな粒子は後味が残らない苦味を感じさせますが、小さな粒子は舌のみらいに入り込んでいつまでも苦味が残り後味が悪くなってしまうのです。

上手にコーヒーを淹れる人は小さな粒子をサーバーに極力落とさないようにすることが出来ますので、ぜひコーヒー専門店でコーヒーを楽しんでみてくださいね。

また、そのときにやしの実の油が原料のコーヒーフレッシュを使ってしまうと気持ち悪くなってしまうことが考えられるため、ブラックで飲むのが賢明です。

口臭の対処方法

「コーヒーを飲むと口が臭くなるのが気になる」という声も多くあがっていたため、口臭の対処方法を紹介します。

1つ目に舌磨きをすることをおすすめします。
細菌のカスが舌にたまって出来る「舌苔」があると口臭の原因となりますので、舌に白っぽい汚れが付着している場合には取り除きましょう。

2つ目に水分補給をして口の中の乾燥を防ぐことをおすすめします。
口の中が乾いてしまうことで口臭発生リスクを高めてしまいますので、糖分を含んでいないお茶や水などの飲料を適宜飲むことによって、口内の清潔を保つことが重要です。

併せて水だけでなく、ガムなどでも口の中の乾燥を防ぐ効果が期待できます。

3つ目に空腹時には飲まないことをおすすめします。
空腹時には胃に負担をかけ、胃酸による口臭発生リスクを高めてしまいますので、コーヒーは食事中や食後に飲むと良いでしょう。

まとめ

コーヒーを飲んだあとに口の中が気持ち悪くなってしまう方は、砂糖やコーヒーフレッシュを加えずにブラックで飲んだり、缶コーヒーなどではなくコーヒー店で楽しむようにすると良いでしょう。

また、コーヒーを飲んだあとの口臭が気になるという方は、空腹時に飲むことを避けて、飲んだあとには水やお茶を口に含んだり、舌磨きをすることをおすすめします。

気持ちをリフレッシュさせ、仕事への意欲を高めてくれるコーヒーですが、今回ご紹介したことを踏まえて、より美味しく楽しく味わってみてくださいね。