見た目の変化に悩む女性を応援します

コーヒーを甘くする方法は砂糖とシロップだけじゃない!コーヒーの幅を一気に広げる楽しみ方とは?

コーヒーを甘くすると言えば、「砂糖」や「シロップ」を思い出される人が多いと思います。

しかし、コーヒーを甘くする方法は砂糖やシロップ以外にもあります。

セルフ式のコーヒーショップでは、砂糖とシロップと共に「はちみつ」が並んでいるお店もあるほどです。

今回は、様々なコーヒーを甘くする方法をご紹介したいと思います。

意外とたくさんある!コーヒーを甘くする方法

さっそく、コーヒーを甘くする方法をご紹介していきたいと思います。

はちみつ

コーヒーにはちみつを加えると全体的にまろやかなコーヒーになります。

風味と香りが砂糖よりも良く、はちみつのたっぷりの栄養も摂れるので健康志向の方におススメです。

ラベンダー味やローズマリー味のはちみつなど種類も豊富なのでお好みのはちみつを探すのも楽しみの一つになりそうです。

チョコレート

チョコレートのコクと風味がコーヒーによく合います。

また、チョコレートの種類によって甘さが違ってくるのも面白いところです。

ホワイトチョコならもったりとした個性的な甘さが楽しめます。

ビターチョコやミルクチョコなど様々な種類があるので、はちみつ同様お好みのチョコレートを見つけてみてはいかがでしょうか。

ココア

チョコレコートに似たコクと風味が楽しめます。

お好みでミルクをプラスしてもOK。

純正ココアの場合ビターな味わいになるので、甘さをプラスしたい場合はミロなどの砂糖入りココアだと簡単に作れますよ。

マシュマロ

マシュマロの優しい甘さと独特の食感が楽しめるコーヒーです。

マシュマロを入れてから溶けていく段階で甘さが変わってくるので、コーヒータイムが楽しめる1杯です。

マシュマロが溶けるとカプチーノのようにふわふわの泡ができてオシャレですよ。

生クリーム

牛乳よりコクがあるので、コーヒーに加えてもコクが出て美味しいですよ。

濃厚さが欲しい場合は、脂肪分の高い生クリームを選ぶとOK。

さらに、生クリームをホイップしてホイップクリームにするとデザート感のあるコーヒーに早変わりします。

キャラメル

コーヒーにキャラメルを加えると香ばしい香りと優しい甘さが広がります。

キャラメルをレンジで溶かして入れてもキャラメルシロップを入れてもOK。

そのままキャラメルを加えて、溶かしながら味の変化を楽しむのもおススメです。

バニラアイス

アイスの甘さとコーヒーの苦みが絶妙にマッチします。

自分のお好みのバニラアイスに熱いコーヒーをかける「アフォガードスタイル」もおススメです。

デザート感覚で楽しめるので、疲れた時のおやつにもピッタリです。

練乳

実は、コーヒーに練乳を加える飲み方はベトナムでは日常的に飲まれているコーヒーです。

カップ半分に練乳を加えて、深煎りで濃い目のコーヒーをゆっくり加える淹れ方です。

このような作り方なので、飲み始めは苦味を楽しみ、飲むにつれて練乳の甘みを楽しめるコーヒーになっています。

あんこ

あんこの和風の甘さが絶妙にコーヒーに合い、独特のとろみの舌触りも楽しめるコーヒーです。

つぶあんを使うと粒感も感じられ個性的なコーヒーを楽しめます。

粒感が苦手な方はこしあんにすると飲みやすいですよ。

ラムレーズン

レーズンに含まれるラム酒の風味が楽しめる、大人のコーヒーです。

ラムの後に引く甘さとコクがたまらないコーヒーで、レーズンの食感も楽しめます。

ラムレーズンアイスでも美味しく作ることができます。

まとめ

コーヒーを甘くする方法をいくつか紹介してきました。

興味のあるコーヒーはありましたか?

ぜひ、お好みのコーヒーを見つけて至福のコーヒータイムを過ごしてくださいね。