見た目の変化に悩む女性を応援します

チョコババロアが業務スーパーに売ってない!取扱なしの店舗も

業務スーパーでコスパ最強スイーツと言えば、「チョコババロア」!
1リットルの紙パックの中にチョコババロアがたっぷり入っていて、売り切れてしまうこともあります。

本記事では、業務スーパーのチョコババロアを高確率でゲットする方法や味、保存方法などをご紹介いたします!

業務スーパーに売ってないときは日中に行ってみる

業務スーパーに行ってもチョコババロアを見かけないことも多いですよね。
チョコババロアは業務スーパーの人気商品なので、売り切れていることがよくあります。

チョコババロアをどうしても購入したい時の狙い目は、「日中に行く」ことです。
どうして日中が狙い目なのか?

その理由は、開店してすぐに行くとまだ品物が補充されていない可能性があるし、閉店間際に行くと売り切れている可能性があるからです。

そこで、補充も落ち着いて在庫も確保しやすい日中に除くことで、チョコババロアをゲットしやすくなるという訳!

チョコババロアは通販でも買えない

業務スーパーやその他の市販店で買えない商品は、よくネット通販から取り寄せることが出来ますね。

しかし、業務スーパーのチョコババロアは残念ながらネットでは取り扱いがありません。
楽天やAmazonで検索してもヒットしません。

もし、代替品でもいいから業務スーパーに似たチョコババロアが食べたい時には、「かんてんぱぱ」のババロアを検索することをおすすめします。

チョコババロアの値段やカロリーは?

もっちりねっとりして、いかにも濃厚そうなチョコババロアは、1キログラムで267円(税込)です。
やっぱり、コスパ最強ですね!

チョコババロアが牛乳パックに入ってるのにこの値段はお得すぎます。

気になるカロリーは・・・
1本で1,740キロカロリー!!
100g当たり174キロカロリーになります。

1本まるまる食べるのは控えた方が良さそうですね・・・
ちなみに、100gだけ食べるなら水ようかん1個と同じくらいのカロリーになるので、スナック菓子を食べているよりかはヘルシーだと思います。

業務スーパーのチョコババロアは溶かしてお菓子に使うこともできるので、色々な食べ方を楽しみたいものです!

業務スーパーのチョコババロアはまずい?甘すぎる?

牛乳パックに入っているチョコババロアだなんて、もしまずかったら「残りどうしよう・・」と困りますよね。

業務スーパーに売られているチョコババロアの味は、本当に普通のチョコババロアの味なので全くまずくありません。
ババロアが好きな方なら、普通に「美味しいじゃん」って食べられるはず。

私も、このチョコババロアを食べたことがあるのですが、「プルプルでモチモチで美味しい」です。

チョコババロアは冷凍保存も可能

チョコババロアを大量に食べられるのは嬉しいけど、1日では食べきれないことも多いはず。

でも、チョコババロアは冷凍保存をすることが可能です。
冷凍してしまえば、日持ちするので自分が食べたい時に食べられていいですね!

チョコババロアを冷凍する時には、牛乳パックのまま冷凍しません。
小分けにして食べられる分だけラップに包みながら冷凍してください。

ポイントは、ラップに包む時には空気が入らないように気を付けながら包んで、出来るだけ早めに食べるようにすることです。

・解凍したチョコババロアは美味しいの?

結論から言うと、チョコババロアは冷凍すると味や触感が落ちることがあります。
「ケーキ屋さんでもババロアの冷凍とかあるじゃん!」と思うかもしれませんが・・・

ケーキ屋さんがババロアを冷凍する時には、普通の冷凍庫ではなく急速冷凍できる特殊な冷凍庫を使っており、食べる時には冷蔵庫にもどしてゆっくり解凍するため、味も触感もあまり落ちません。

一方、普通の冷凍庫の場合は急速冷凍することが出来ないため、凍結する時の水分が大きな結晶となる場合があります。
そして、食べる時にこの結晶がチョコババロアから離れてしまうため、味も触感も変わってしまうのです。

そのため、チョコババロアは冷凍保存できるものの、冷凍したら出来るだけ早めに食べることをおすすめします。

まとめ

業務スーパーに売ってるチョコババロアは、業務スーパーの中でも人気商品です。

そのため、「買おう!」と出かけていった時にはない場合も。
そんな時には、ぜひ日中にチョコババロアを探してみてください。

開店してすぐだと商品棚に陳列されていない可能性がありますし、閉店間際だと売り切れの可能性もあるからです。

チョコババロアは牛乳パックみたいな容器に入って1リットル(1キログラム)もあるため、1回購入しておけば何日も楽しむことができます。

友達ともシェアしやすいので、パーティーなどに使うのもいいかもしれませんね!

ただ、冷凍した場合は味や触感を考えて早めに食べるようにしましょう。