見た目の変化に悩む女性を応援します

朝ご飯コーヒーだけは、体に悪い影響がたくさんあるので要注意!

「朝ご飯は、忙しいからコーヒーだけ」という方はいませんか?

なんとなく、コーヒーだけの朝ご飯は体に悪そうなイメージはありますが、具体的に体にどのような影響を与えるのかを今回は詳しく見ていきたいと思います。

朝ご飯コーヒーだけだと体に悪い影響が…

朝ご飯はコーヒーだけの方は、体に悪い影響がたくさんあるので、今すぐ止めるようにしましょう。

習慣化してしまうと体への影響も蓄積されていきます。

では、具体的に体にどのような影響を与えるのでしょうか。

下痢や腹痛

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」は、胃酸の分泌を促進する働きがあります。

朝の空腹時にコーヒーだけを摂取すると胃酸が大量に分泌されてしまい下痢や腹痛を引き起こしてしまいます。

また、コーヒーに含まれている「カフェイン」も摂取することで交感神経が刺激され、胃腸が正常に働かなくなってしまうことがあります。

胃腸が正常に働かなくなると水分が体内に十分吸収されなくなり、下痢を起こすことがあります。

ストレス過多

私たちの体はストレスを感じるとストレスから体を守る「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインがコルチゾールの分泌を促進させてしまいホルモンのバランスが乱れ、ストレス過多になってしまうのです。

さらに、その生活が長引くと「不眠症」や「うつ病」にもつながるので要注意です。

脂肪が溜め込まれやすく

コーヒーに含まれる「カフェイン」には、血糖値を下げる「インスリン」の働きを阻害する働きがあります。

そのため、朝ご飯にコーヒーを飲むだけで血糖値が急激に上昇し、体内に脂肪が溜め込まれやすい体質になってしまうのです。

太る

しっかりと朝ご飯を食べないことで、昼食まで空腹を我慢できず間食をしてしまうことや昼食時の急激な血糖値の上昇で、太ってしまうリスクもあります。

もしも、ダイエットのために朝ご飯をコーヒーだけにしている方は、逆効果になるので今すぐ止めた方が良いでしょう。

朝ご飯にコーヒーを飲むメリット

朝ご飯にコーヒーだけはよくないですが、食事と一緒にコーヒーを飲むことには多くのメリットがあります。

眠気覚まし

コーヒーに含まれている「カフェイン」は、眠気を引き起こす「アデノシン」の働きを阻止するため、眠気を覚ますことができます。

便秘解消

コーヒーに含まれている「カフェイン」と「コーヒーオリゴ糖」には胃腸の働きを活発にする働きがあります。

朝のコーヒーは、一日中胃腸の働きを活発にしてくれる効果もあるのでおススメです。

ダイエット効果

コーヒーに含まれている「カフェイン」には脂肪を燃焼する働きがあります。

そのためダイエット効果が期待できます。

コーヒーと相性の良い朝ご飯は?

コーヒーと組み合わせることによって、体に良い効果が得られる朝ご飯をご紹介したいと思います。

卵は「完全栄養食」とも言われるほど必要な成分がバランスよく摂れる食べ物です。

寝起きの体を活動状態にしてくれるので、朝ご飯におススメです。

ヨーグルト

ヨーグルトには脂肪燃焼を高める働きがあります。

コーヒーの脂肪燃焼効果との相乗効果でダイエット効果を高めることができます。

果物

イチゴやキウイフルーツなどの果物は疲労回復や腸内を整える働きがあります。

朝からシャキッとしたい時に良いですね。

特にバナナは、血糖値のバランスを整えてくれるので食後の急激な血糖値の上昇をおさえることができます。

他にも頭痛の予防や美肌効果・高血圧の予防などにも働きかけてくれます。

ナッツ類

アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類は体脂肪を減らす働きがあります。

パッと食べやすいので忙しい朝におススメです。

コーヒーは1日3杯から4杯以下を目安に飲みましょう

体に良い働きをしてくれるコーヒーですが、1日に3杯から4杯以下を目安に飲みましょう。

カフェインは1日あたり400mg程度の摂取が推奨されています。

これをコーヒーに換算すると、大体4杯分にあたります。

チョコレートやお茶・エナジードリンクなど他の飲食物からのカフェイン摂取を考えると1日3杯から4杯以下が良いでしょう。

まとめ

朝ご飯がコーヒーだけの方は、下痢や腹痛・ストレス過多など体に悪い影響が起こる可能性があります。

朝ご飯を見直すことで、元気な体を手に入れることができます。

コーヒーを美味しく飲み続ける為にもコーヒーだけの朝ご飯は今すぐ止めるようにしましょう。