見た目の変化に悩む女性を応援します

50代バツイチ男性が「やっぱり一人は寂しい」と思った時に婚活を成功させるポイントとは

  • 12月 20, 2022
  • 12月 20, 2022
  • 出会い
  • 9view

50代は「第2の結婚適齢期」とも言われています。

そのため、「バツイチで寂しい…」という50代バツイチ男性でも、もう一度結婚を本気で考えても良いんです!

今、結婚をするカップルの4組に1組は再婚の時代です。

その上、50代男性が離婚から5年以内に再婚した割合も20%と高めです。

今回は、バツイチで寂しい50代男性が「もう失敗しない!婚活ポイント」を解説していきたいと思います。

参考サイト:厚生労働省「婚姻に関する統計」

50代でバツイチの男性が「やっぱり一人は寂しい」と思った時の婚活ポイント6選

「やっぱり一人は寂しい」という50代バツイチ男性が、もう失敗しない婚活ポイントは何なのか?

詳しく説明していきますね

現実離れした条件を求めない

50代バツイチで、婚活をする男性の中には「スタイルが良い女性」や「20代の若い女性」など現実離れした条件を求める男性もいます。

しかし、50代バツイチ男性がもう一度婚活を成功させるためには「気の合う女性」「価値観の合う女性」が一番重要なポイントです。

毎日過ごす相手です。

スタイルよりも、仕事の愚痴を聞いてもらえたり楽しい食事時間を過ごせるなど、一緒の時間を楽しめる方が上手くいきます。

偉そうな態度を改めて日々褒めることを意識する

実は、50代のバツイチ男性に多いのが、「偉そうな態度」をとる男性です。

50代となると会社でも責任ある役職に就いていることが多く、その癖で相手の女性にも偉そうになりがちです。

そこで、おススメなのが「人を褒める習慣をつける」ということです。

これは、婚活の女性に対してだけ褒めれば良いというわけではなく、日ごろから褒めることを意識することで、自然と人を褒めることができる男性になっていけます。

人を褒めて人を喜ばせることができる男性ほどモテて、幸せをつかみやすいのです。

感謝の気持ちを言葉で伝える

男性も50代にもなると「言わなくても自分の気持ちは伝わっている。」と勘違いしがちです。

特に亭主関白な男性にその傾向が強く、結果として相手に何も伝わっていないことが多いのです。

女性に対してだけでなく仕事でも日々の感謝をきちんと伝えることがポイントです。

「言い過ぎかな?」と思うくらい「ありがとう」を言うと良いですよ。

離婚原因は隠さない

離婚後の婚活で重要なポイントの一つに「離婚の原因を隠さない」ということが挙げられます。

どんな理由であれ、女性は離婚した理由が気になっています。

それをしっかり正直に話してくれることで信用関係も深まります。

男性側に離婚した原因があってもそれを「克服するためにした努力」や「している努力」を伝えることで気持ちも伝わりますよ。

健康の維持

50代にもなると体調や老後などを考えなければいけません。

そのため、ポイントになるのは「健康の維持」です。

毎年健康診断を受診したり、日々血圧を確認したり、持病の進行具合を定期的に確認するなど自分の身体を大事にすることが誰かを想う気持ちの表れとも言えます。

「貯金額」や「財産」を正直に伝える

50代でバツイチの男性の気になるポイントは「貯金額」や「財産」です。

もちろん、正確に伝える必要はありませんが、お金目当てで再婚されないためにも、男性側もしっかりと女性に伝えておきましょう。

老後の計画などがあれば、それも伝えておく方が良いでしょう。

50代バツイチ男性におススメの婚活は「結婚相談所」

最後に、50代バツイチ男性におススメの婚活をお伝えするなら、答えは「結婚相談所」です。

まず、50代のバツイチ男性の婚活は、行動とスピードが成功のポイントです。

お見合いパーティーやバスツアーなどリアルな出会いが人気を集めていますが、おススメは専任のアドバイザーがいる「結婚相談所」です。

専任のアドバイザーに自分の細かな条件を伝えられますし、それに合った女性を探してもらえます。

それに自分には気づけない長所や短所など客観的な視点を教えてもらえるので、「自分の直すべき点」など学べることもたくさんあります。

一人ではくじけそうな婚活も専任のアドバイザーのおかげでくじけずに幸せをつかむことができる場合もあります。

まとめ

50代のバツイチ男性が「やっぱり一人は寂しい」と思った時、婚活を成功させるポイント6選をお伝えしてきました。

特に「気の合う女性」「価値観の合う女性」は、今後の人生を豊かにする重要ポイントです。

ぜひ、結婚相談所の専任アドバイザーと二人三脚で幸せをつかみ取ってくださいね。